こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

 
春は出会いと別れの季節。

先日も、弊社と強いコネクションのある某銀行の融資担当者から

転勤のご挨拶。
「先生からたくさん紹介して頂いたので、
本店へ異動となりました。

お世話になりました。」
栄転おめでとうございます!

わが社のクライアントの資産管理会社スキームでは、
他行ができない、フレキシブルな対応をして頂き、
感謝しております。
新しい担当者にも、わが社を踏み台(?)
にして、どんどん出世してほしい、

そう願っています。

引き続きよろしくどうぞ!

(笑)

 

伊集院静氏の著書『別れる力』には、
こんなくだりがあります。

 

 

「別れは終わりではなく、始まりである」

 

 

大女優の愛妻、夏目雅子と死別した、彼の言葉には重みがあります。
というわけで…
新年度スタートに際し、
税制においても、別れと出会いがあります。

 

 

その税制とは、

 

 

▼即時償却制度

 

 

 

です。

経営者は要マークです!

 

 

このたび別れを迎えるのは、

 

 

▼生産性向上設備投資減税による即時償却

 

 

です。
この制度は平成29年3月末日をもって廃止。

太陽光発電の50%特別償却も同じく、平成29年3月末日で終了。

一昔前までは中古の4年落ちベンツが税効果が高い
といわれていました。

 

 

その減価償却の常識を覆した、別名『アベノミクス減税』
もひと区切り。
この減税制度には大変お世話になりました!

税理士としても厚く御礼申し上げます。

(笑)

 

 

ただ即時償却は形を変えて、まだ2年延長となります。

経営者にとって新たな出会いとなる新税制です。

 

 

平成29年4月1日から、

 

 

▼中小企業経営強化税制

 

 

が創設されました。

 

 

従来の中小企業投資促進税制の上乗せ措置よりも、

対象資産が拡充。
ストライクゾーンが以下のように広がりました。

 

▼最新モデルじゃなくてもOKに!

(例)

*機械装置 … 発売から10年以内

*測定&検査工具 … 発売から5年以内

*器具備品 … 発売から6年以内

*ソフトウェア … 発売から5年以内

 

 

要件は3つあります。

 

▼設備メーカーから、工業会発行の証明書 をもらう

(従来と基本同じ)

 
▼税務申告書に証明書等を添付

(従来と基本同じ)

 

 

▼経営力向上計画に係る認定 を受ける

(NEW!)

 

 
上記3要件のうち、注意が必要なのは、

 

 

▼経営力向上計画に係る認定

 

を受ける というところです。
絶対に外さないようにお願いします!!
新年度より即時償却を受けるには、

 

 

 

▼中小企業経営強化法の認定

 

 

を事前に受けておかねばならなくなりました。

具体的には、

 

 

『経営力向上計画に係る認定申請書』

 

 

を各都道府県の経済産業局に申請しなければなりません。

これは必須です!!

 

ただこの認定を受けておけば、メリット満載です。

 

▼即時償却OK

 

 

だけじゃなく、

 

 

▼固定資産税の半減OK(3年間)
▼ものづくり補助金審査において加点材料
▼日本政策金融公庫からの融資金利 0.9%引下げ

 

 

中小企業が新年度スタートダッシュを目指すには、
【攻めの投資】
が絶対不可欠です。
しかし、事業投資にはカネが必要です。

そのカネを
▼助成金(厚生労働省)

▼補助金(経済産業省)

▼優遇税制(国税庁)
というルートから支援を受けることができたら…

あなたの会社の成長は加速すること間違いなし。

 

 

ただ国民の税金をあなたの会社の成長のために

有り難く使わせて頂く以上、
『健全な事業計画』
を掲げなければなりません。
不正受給など、やましい考えは容認されないのは当然ですね。

その証として、国は『経営力向上計画に係る認定申請書』

の提出を求めているのです。

私どもでは、新年度スタートダッシュを目指す中小企業

をご支援すべく、特別にセミナーを開催します。

税理士法人と社会保険労務士法人の共同開催です。
………………………………………………………………

▼日時 … 4月18日(火)14~17時

▼場所 … 大阪駅前4ビル10階

(弊社オフィスのワンフロア下)

▼テーマ

《最新》助成金・節税・資金調達説明会

~ 3時間で中小企業のお金の話が全部わかるセミナー

………………………………………………………………
このセミナーの中で、 『経営力向上計画に係る認定申請書』
の具体的な記入方法についても解説します。

私どもトップリーダーコンサルティンググループとして、

税理士法人と社会保険労務士法人が共同で、中小企業に本当に

必要なお金に関するサポートを展開してまいります。

 

助成金と減税効果の最強タッグで、
新年度スタートダッシュを切りましょう。

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

私どものグループ法人として、このたび社会保険労務士法人を立ち上げました。

社名は、社会保険労務士法人トップ労務マネジメントです。

 

今年度、わが社のグループにおきましては、税理士4名、社労士3名の組織体制に

なります。

 

 

今まで中小企業の経営者は、

「税金のことは税理士へ聞こう。」

「助成金のことは社労士に相談してみよう。」

という感じになっていたと思います。

しかし、税理士も社労士も日常のルーチン業務に追われ、
中小企業が本当に求めている情報を発信できていない…

こんな悲しい現実が目の前で起こっています。

そこで、当社はワンストップで、
節税も助成金も対応できる組織を作りました。

多くの経営者は『変わる』ことを不安に感じる。

『変わらない=安定』

 

だと思い込んでいます。

しかし、それは違います。

本当は『変わらない』ことが不安定。

『変わる=安定』

なのです。

時代は、わが社の都合を待ってくれません。

変化は、わが社の都合を置いていきます。

お客様のご要望に応え、『変わっていく会社』
だけが勝ち残るのです。

 

そのために、助成金と優遇税制をフル活用し、

攻めの投資をガンガン進めてほしいと思います。

 

 

そこで、私どもでは新年度スタートダッシュを目指す中小企業を

応援するため、税理士法人&社労士法人共同でセミナーを開催します。

 

最新 助成金・減税・資金調達説明会

 ~ 3時間で中小企業のお金の話が全部わかるセミナー 』

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士

です。

今日は多くの企業で入社式が行われたとのこと。

新年度のスタートダッシュが命! これは大切ですね。

確かに【一発逆転】は人々に感動を呼びます。
受験の世界では、偏差値30のビリギャルが慶応大へ、

とか、

野球の試合でも、9回裏の土壇場からの逆転劇は記憶に残る。

少年コミックの奇跡の大逆転ストーリーと構造は同じですね。
しかし、こんなことはめったに起こらない。

現実にはあまり起きないからこそ、人々の記憶に残るのです。

もちろん、時に起こるわけですから、確率がゼロではありません。
しかし日常のビジネスの世界で、

そんな確率の低い成功を目指すわけにはいきません。

ましてや、私たち経営者は従業員の人生も預かっているのです。

年度末に一発逆転すべく、あわてて、経営の舵取りを切ってはダメ??
やはり、新年度からスタートダッシュを目指すべきですね。

 

 

多くの経営者は「敵は同業他社」と考えていますが、

そうではありません。
敵は【時代】です。

 

 

当面のライバルは同業他社であっても、

長期視点で見れば、経営者にとって最大の敵は【時代の変化】。
経営者は「時代がどのように変化していくか」を長期的に見極める。

 

 

経営における環境変化として、あらゆる業界で押さえておくべき

なのが【人出不足】の問題。

 

 

今後ますます、人出不足の問題は深刻化するでしょう。
新年度スタートに際し、

 

 

「人材を確保し、生き生きと働ける職場づくり」

 

 

というのは、全ての企業が絶対に取り組むべき経営課題なのです。

 

そんな中小企業を支援する国の施策が新年度からスタート。

 

平成29年度に新設されるのが、

 

▼成果型賃金導入助成金130万円

 

です。

これは以下の要件となります。

 

★生産性が一定以上改善している

★離職率が一定以上低下している

★賃金が2%以上増えている

 

今までになかった新年度創設の助成金です。

 

税制面でも、新年度から減税メニューが強化。

平成29年4月1日以後開始事業年度より、

 

▼賃上げ2%以上の場合、現行の10%の税額控除に加え、
12%の税額控除が上乗せ

 

となります。

 

つまり、従来からあった【賃上げ促進税制】
がさらにパワーアップ。

 

賃上げ2%アップを実現すれば、
人件費増加額の22%を税額控除OK。

(上限:法人税額の20%)

 

税額控除とは、

いったん計算された法人税からダイレクトにもうひと押し、

法人税そのものを差し引いてくれる制度。

この税効果は大きいと言えますね。

 

以上をまとめると、

賃上げ2%を新年度に実現すれば、

 

▼助成金130万円ゲット

▼人件費増加額の22%だけ
法人税をさらに安くできる

 

というチャンスが生まれます。
 

私どもでは、新年度スタートダッシュを目指す
中小企業をご支援すべく、

特別にセミナーを開催します。
………………………………………………………………

▼日時 … 4月18日(火)14~17時

▼場所 … 大阪駅前4ビル10階

▼テーマ

《最新》助成金・節税・資金調達説明会

~ 3時間で中小企業のお金の話が全部わかるセミナー

………………………………………………………………
助成金と減税効果の最強タッグで、
新年度スタートダッシュを切りましょう。

IMG_0340

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

新年がスタートしましたが、今朝、顧問先のお客様の株式会社アスクの長倉社長
から嬉しいFAXを頂きました。

http://www.askk.co.jp/cgi-bin/index/top.cgi

「岩佐さんも私も酉年。今年は何か良い事がありそうですね…

お互い一年を大事にしましょう!

正月のプレゼントのCD、2回聞きました。内容が凄く良かった。

何故、アスクがこれ程までに高収益会社になったか?

私が岩佐さん同様、日々成果が上がる努力をコツコツしている からです。

それも泥臭く!」
数字はウソをつきません。

営業利益率30%を誇る経営者の言葉には重みがあります。

年始にお配りしたCDマガジンを2回もお聴き頂いたとのこと、
ありがとうございます!

 

さて、先週の金曜日と土曜日は、従業員4名を連れて、東京でセミナー受講。

初日の夜は、品川プリンスホテルの38階で、東京タワーの夜景の見える

お寿司屋さんで新年会。

2日目のセミナー終了後、タクシーを飛ばして、東京スカイツリーへ。

帰りのタクシーでは、初場所前日の両国国技館の前を通過。

たくさん並ぶ、力士ののぼりに、相撲ファンのスタッフが大興奮??
これから、わが社が進むべき方向性を従業員と共有化。

田舎者(?)のスタッフと一緒にプチ東京観光。

有意義な仕事始めとなりました。

(笑)

お客様にとっても、従業員にとっても、社会的存在価値のある組織を目指し、

2017年も、わが社は変革、改革の手は緩めません。

今日も社長業を楽しみましょう!

img_0311

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

今日は23日祝日でしたが、オフィスで仕事をしていました。

従業員が休みの静かな空間は、社長業がはかどりました。(笑)

 

しかし、夕方仕事が一息ついて、オフィスの窓をのぞいたら…

とんでもない光景が目に飛び込んでいました。

わが社のオフィスのある大阪駅前第4ビルに向かって、車の長蛇の列。

違う方向を見たら…

 

img_0312

 

またもや、車の長蛇の列…

なぜ、こんな現象が起こったのか??

大阪駅前第4ビルには、大阪最強の宝くじ売り場があるからです。

それも本日、年末ジャンボ宝くじ発売の最終日だったとのこと。

 

 

実はこの後に悲劇(?)が待っていました。

息子の塾のお迎えの時間が来たので、夜6時ごろオフィスを出た後、

地下駐車場で1時間も立ち往生…(汗)

地上に出たら、今度は車だけでなく、人の長蛇の列が…

恐るべし、大阪最強の宝くじ売り場!

お陰で、塾のお迎えの時間に遅刻してしまいました…(汗)

息子よ、ごめんな!

(笑)

 

 

大阪に移転して丸1年。大阪駅前第4ビルの洗礼を浴びてしまいましたが、

毎年この時期の休日出勤の傾向と対策がつかめた、収穫ある一日と

なりました。

(笑)

皆様におきましては、有意義なクリスマスをお過ごし下さい。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

本日、神戸のスタジオに行きました。

顧問先のお客様向けに毎年、年始の挨拶としてお送りしているCDマガジンの収録

に臨むためです。

 

 

このスタジオはいつもお世話になっておいて、昨年発刊した、日本経営合理化協会

のCD教材『お金を残す社長の資産防衛術』の収録でも使用させて頂いた、勝手

知ったる空間です。

 

2017年度の年始のCDマガジンのテーマは、

 

 

▼2017年度の税務戦略とは? ~ 平成29年度税制改正大綱の傾向と対策

 

 

 

具体的には、大きく4つのお話をさせて頂きました。

 

 

▼2017年度の日本経済予測

~ トランプ氏就任による米国経済の影響は?

 

 

▼2020年以降の景気反動に備えよう!

~ どんな時代でも 経営者は微動だにしない資産防衛策とは?

 

 

▼2017年の経営の一大テーマ「働き方改革」への対応策とは?

~ 生産性を上げるための4つの方策とは?

 

 

▼平成29年度税制改正大綱の傾向と対策

 

 

その他 、今回の税制改正大綱では増税のメスが入らなかったけれども、

将来改正のリスクがある論点についても解説しています。

 

 

これから編集作業に入っていきますので、顧問先のお客様におきましては、

お楽しみに!

今日も社長業を楽しみましょう。

 

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

12月8日に政府より発表になった、平成29年度税制改正大綱。

 

税制改正項目にうまく対応するためのフレームワークは…

 

▼減税メニュー … 積極果敢に攻め、節税チャンスを掴み取る

▼増税メニュー … 守りを固め、防衛策を張り巡らす

 

でしたね。今日は【増税メニュー】の紹介です。

 

 

平成29年度税制改正の増税項目は大きく4つあります。

 

▼その1 タワーマンション高層階の評価額加算

春先より噂されていた、タワマン節税規制がついに発表されました。

建築物全体の固定資産税評価額を按分する床面積の割合について、

1階を100とし、1階増すごとに約0.26%高くなる。

こんな増税規定が入りました。
今までは、景観がよい高層階は同じ面積でも取引価格が高い。

しかし、固定資産税評価額は同じ面積なら、最上階と1階が同じ

になっていました。

 

そこで、価格の割に相続税が安くて済む、タワマンの高層階
を節税目的で購入する。
そんな相続税対策が富裕層の間で人気を博していましたが…

ついに増税のメスが入ることになりました。

40階ですと、1階の約10%高くなる。

50階なら、1階の約13%高くなる計算。

 

今回の増税規定の対象は、平成30年以降に引き渡す新築物件。

現状タワマンにお住いの経営者には影響なしなので、ご安心を!

 

 
▼その2 自社株の評価方法の見直し

⇒ 【類似業種比準価額】の計算ルール変更

 

類似業種比準価額とは、同じ業種である上場企業の株価をベースとして、

自社の

★配当
★利益
★純資産

を加味して株価を計算します。

 

この計算方法に以下の2点の改正が入りました。

 

〇現行に課税時期の属する月以前2年間平均を加える。

〇配当・利益・純資産の比重について、1:1:1とする。
(現行は1:3:1)

 

ストライクゾーンに入るのは、

 

★従業員数100名以上

or

★総資産額10億円(卸売業20億円)以上&50人超

or

★売上高20億円(卸売業80億円)以上
のいずれかの企業です。

 

こうした規模の会社は【自社株の紙爆弾】化が起こりやすいので、

節税対策の効果が薄れるのは頭が痛いですね。

 

この改正は、年明けの平成29年1月1日以降の相続贈与から適用に

なりますので、ご注意を!!

 

 

 
▼その3 相続税&贈与税の納税義務者の条件が厳格に!

 

★現行: 5年間以上、国内に住所のない場合

★今後:10年間以上、国内に住所のない場合

 

今後は、被相続人(継がす人)と相続人(継ぐ人)が日本の相続税

から逃げるためには、10年間以上海外に住まなければなりません。
(平成29年4月1日以降の相続より適用)

 

今までは5年間でよかったのですが…(汗)
 

 

▼その4 実質大企業の中小企業に優遇税制なし

 

これはまさに、国税の後出しジャンケンか??

昨年9月、吉本興業(大阪市)が資本金を約125億円から、1億円

に減資しました。

 

資本金が1億円以下になると中小企業とみなされるため、
法人税や法人事業税の負担が軽くなる。

これが減資の背景とも言われていました。

 

しかし、今回の改正で、資本金等の基準では、中小企業者であっても、
前3事業年度の平均所得金額が15億円超の場合、中小企業向けの

優遇税制は適用なしとされました。

 

ただ最終利益15億円超というハードルは高いので、
該当する中小企業はごく僅かかもしれませんね。

 

 
以上、主な増税ポイントを紹介しましたが、小粒な印象ですね。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

今朝、東京出張中の私の携帯が朝一番に鳴りました。相手は会社から。

ちょうど、埼玉のクライアントへ向かおうとJRに乗ろうとしていた時でした。

電話主は若手男性スタッフのT君。

 

「社長! 官報合格できました。」

 

サクラサクの朗報でした。

今夏、税理士試験を受けたT君は、税理士試験に王手がかかっていました。

4科目まで合格し、あと1科合格すれば、税理士登録ができる。

5科目目の合格者は官報に名前が掲載されます。

そして、ついに決めました!

 

若手の有望な人材の成長と進化ぶりを見るのは、経営者として本当に嬉しい。

これで、わが社も来年は税理士有資格者4人になる予定。

T君、おめでとう! よくやった!

 

 

 

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

平成29年度税制改正大綱が先週金曜日に政府より発表されました。
税制改正項目にうまく対応するためのフレームワークは、

 

 

▼減税メニュー … 積極果敢に攻め、節税チャンスを掴み取る
▼増税メニュー … 守りを固め、防衛策を張り巡らす

 

 

そこで、今日は【減税メニュー】の紹介です。
平成29年度税制改正の減税項目は大きく3つあります。

話を単純化するために超シンプルに解説しますので、ご了承下さい。

 

 

▼その1  配偶者控除の見直し
⇒ パート主婦の戦力活用に活かせ!

《現行》
●配偶者控除38万円あり … 年収103万円以下
⇒ 配偶者の所得税ゼロ(夫の年収制限なし)

●配偶者特別控除あり … 年収103~141万円
⇒ 年収105万円超で減額、141万円超で控除ゼロ

 

 

《今後》
●配偶者控除38万円 … 現行のまま
⇒ 夫の年収制限 1220万円まで!

●配偶者特別控除 … 年収150~201万円
⇒  年収150万円超で減額、201万円超で控除ゼロ

 

 

年末調整のこの時期になると、毎年クライアントからのリクエストで、よくあるのが…

 

▼配偶者控除(所得税)を受けたいパート主婦がいる場合
⇒ 年収103万円を超えるパートの名前を教えてほしい

 

▼健康保険扶養だけは受けたいパート主婦がいる場合
⇒ デッドラインは年収130万円までにしたい!!

 

 

私どものオフィスにおいても、パート主婦の母性愛は良い社風づくり

に貢献してくれています。

この改正は【平成30年度(来々年)】から!
パート主婦の戦力アップにつなげたいですね。

 

 

▼その2  賃上げ促進税制の拡充
⇒ 社員を大事にしている企業に追い風!!

 

《現行》
●人件費が前年対比5%以上アップ
⇒ 税額控除額 … 人件費アップ額×10%

 

《今後》
●人件費が前年対比2%以上アップ
⇒ 税額控除額 … 人件費アップ額×22%

 

 

この改正は中小企業にとってデカい!!
要件の基準のバーが低くなり、さらに減税額が大きく!!

 

 

12月11日付の日経新聞朝刊一面の特集記事にこんな記載がありました。

 

(下記引用)

 

「人件費は少しでも少ない方がいい。
賢い企業はそんな常識と一線を画し、
働き手の意欲を引き出すためにお金をうまく使う。

その決断が成長できる企業か否かを決める。
人件費は企業の成長の原資である。」

 

 

さらにパワーアップした【賃上げ促進税制】をうまく使い、
従業員の物心両面からの幸福の追求に邁進したいところですね。

 

 

▼その3  中小企業経営強化税制の創設

今年3月までの太陽光発電の即時償却(現在は特別償却50%)に加え、

機械装置や工具備品も一定の要件を満たせば、生産性向上設備減税の上乗せ措置

として来年3月までの導入で、即時償却がOKとなっています。

それが、平成29年4月1日から平成31年3月31日までに事業の用に供したもの

も即時償却の対象になりました。
(税額控除との選択適用、税額控除の上限:法人税額の20%)

機械関係の即時償却はまだ続きます!!

 

 

時流に乗る!
これは税務戦略にも大切です。

 

 

後日、増税メニュー編も紹介します。

今日も社長業を楽しみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士

です。

今夜はわが社の忘年会を実施しました。

師走に入り、社内では年末調整業務が入ったりと繁忙期に突入しましたが、

新人スタッフの歓迎会も兼ねて、皆で楽しいお酒を飲みました。

会の終わりにはサプライズあり!?

従業員一人ひとりから、バースデーサークル風に

「岩佐社長がこの世に生まれて下さって、本当に良かったです」

から始まる謝辞をもらいました。

 

今年は、良い社風づくりに本格的に取り組みました。

経営理念を明文化し、社内で発表。

理念の一つに「私たちにとって人件費とは生きガネである」と明文化。

また、従業員が朝出社時には事務所入口に入ったら、元気よく大きな声で、

「おはようございます!」と全員に向かって深々と一礼。

タイムカードを押したら、

笑顔で「今日も一日よろしくお願いします!」と言って、

全員と両手で拍手し合う。

 

会計事務所は暗いとよく言われますが、他の事務所から転職してきたスタッフが

異口同音に「この事務所の中は明るく、活気がある」と言ってくれます。

 

そういう取り組みをしているうちに、御蔭様でその理念に合った、前向きな

仕事姿勢で、コミュニケーション能力の高い優秀な人材がどんどん集まってきました。

私たちの業界もご多分にもれず、人手不足が叫ばれていますが、

取引先の人材紹介会社から、

「岩佐先生のところは人材獲得率はトップクラスですよ。

他の事務所は本当に苦労されていますから。」

と先日も言って頂きました。

 

従業員が輝かないと、会社は元気になりません。

そして、顧問先のお客様からも好かれません。

従業員が心地よく働ける職場にするため、時短に取り組み、年次有給休暇の計画的

消化制度の一環で年末年始は9連休です。

ただ毎日の朝礼で「世間より早く休んで、遅く仕事を始めるんだから、前倒しで

ハイスピードで仕事せよ!」と檄を飛ばし、喝を入れています…(苦笑)

 

まだまだ私どもの教育不足や躾が不十分な面が多々あると思いますが、

良い社風をつくるため、成熟した大人として人間性を高める努力をすべく、

全員でこれからも取り組んでまいります。

 

忘年会では、花束とプレゼントをもらいました。

従業員の皆、ありがとう!