こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

 
今月上旬のある日、クライアントの社長 から質問を受けました。

「2億円の案件を前期に決めてきた幹部 をこのたび正式に

役員に昇格させたい。 そう考えています。

でも、新聞で年収800万円以上は 来年から増税との記事

を見ました。

そうなると、せっかく年収をアップしてやっても、

手取りが増えないですよね?

これって本当なのでしょうか?」




残念ながら、概ね本当です。
平成30年度税制改正大綱が先日発表!
上記の論点は最終的にこう決定。

 

 

▼年収850万円超 増税(2020年~)

 

 

自民党案では当初800万円で確認。

しかし、その後公明党が猛反発し、850万円で落ち着いたとか。

【給与所得者】に対する、

“取れるところから取れ!”

の流れは止まることを知らない??
政府も増税へ向けて、 グイグイ攻めまくっている??

近年 【給与所得控除】(領収なしで認めてもらえる非課税枠)
の縮小の流れは急ピッチで進んでいます。

 

 

▼2013年より

年収1500万円超 ⇒ 上限245万円

▼2016年より

年収1200万円超 ⇒ 上限230万円

▼2017年より

年収1000万円超 ⇒ 上限220万円

▼2020年より(平成30年度税制改正)

年収850万円超 ⇒ 上限195万円

 

 

今回の税制改正大綱には、
「2019年度以降も 所得税改革を続ける」
との方針が明記されたとか。
政府はまだ給与所得の増税の 手を緩めるつもりはないようです。
税と社会保険料の国民負担率。
つまり、国民所得に対する税と社会保険料 の負担割合は

どうなっているのか?  2017年度は42.5%。

10年前と比べて、4%上がっています。
実は、税負担以上に社会保険料の伸びが 大きくなっています。
これでは…

せっかくの賃上げ効果も薄まるでしょう。

 

経営者の“親心”を踏みにじるような増税路線になりかねません。
だからこそ!!

 

 

賃上げを後押しする国策は 積極的に活用していかねばなりません。
国策で給与所得に増税の手を緩めないなら…

 

国策で賃上げを応援してくれる制度 をフル活用しましょう。
『目には目を・歯には歯を』 つまり、ハンムラビ法典です。

(笑)
具体的には、優遇税制と助成金です。

平成30年度税制改正大綱では 従来からの賃上げ促進税制の拡充あり!
嬉しいことに 更なるパワーアップとなりました。

これは朗報です。

 

 

▼現行

*人件費が前年対比3%以上UP

⇒ 人件費増加額の10%を税額控除(上限:法人税額の20%)

▼平成30年度税制改正大綱

*人件費が前年対比【1.5%以上】UP

⇒ 人件費増加額の15%を税額控除(上限:法人税額の20%)

 

 

賃上げすれば…

厚生労働省の助成金も受給できます。

https://roumu-management.com/subsidy.html

▼諸手当共通化コース
(キャリアアップ助成金)
▼正社員化コース
(キャリアアップ助成金)
▼人事評価改善等助成金
などなど。

 

 

経営者自身も資産防衛に邁進すべし。

 

「俺(私)はカリスマだよ。

トップの力で業績が向上したから、

役員報酬を来期よりガッポリ上げるよ。」
これでは、飛んで火に入る夏の虫??

生きた税法の知恵は必要です。

今日も社長業を楽しみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

先日、弊社の忘年会を実施しました。

場所は、北新地のスエヒロ。

『スエヒロ』ブランドの発祥は、明治43年(1910年)だとか。

創業者が北新地で開業された洋食店「弘得社」をルーツとしておられ、

その後のれん分けを通じ、『ビフテキのスエヒロ』として全国に広まって

いったとか。

しゃぶしゃぶの日本発祥の店でもあるそうです。

 

 

弊社には、創業600年以上の京都寺院を初め、創業174年の5代目店主の

老舗の超有名なおでん店など百年企業のクライアントが数多くいらっしゃい

ます。

よって、老舗のステーキ店で社員一同、大変美味のしゃぶしゃぶに

舌鼓を打てたことは大変有意義な時間でありました。

 

 

そして、会のラストにはサプライズが…

何と社員一同から一年の感謝のしるしとして、大きな花束や菓子折り、

それに社内で履くスリッパまでプレゼントしてもらいました。

本来であれば、社員が主役となるべき日に恐縮です。

(笑)

 

社員の皆ありがとう!

今日も社長業を楽しみましょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。本日は、年内最後の講演。

東京ディズニーランド近くにある、ニッセイ総合研修所へ。

日本生命の本部営業教育部主催の研修講師です。

 

 

天下の日本生命だけあって、浦安に大変ゴージャスな研修施設があります。

日本生命の全国の各拠点から集まった、
中核営業職員300人に対し、大講堂で魂込めてお話しました。

 

 

今日の生前贈与ブームの中で、信託銀行・FP・不動産・士業など

こぞって相続マーケットに参入している今、相続における生保の

意義が十分に伝わっていないのではないかとの懸念があります。

 

そこで、以下の論点を中心にお話しました。

 

■リテール向け生保の有効性

①『名義預金』予防 …“なんちゃって贈与”の否認回避

②『不動産共有による争族』予防 … 代償分割の活用

③ 税効果1 … 満期保険金の一時所得(所得税)

④ 税効果2 … 死亡保険金の非課税枠(相続税)

⑤ 遺言効果 … 受取人固有の財産

 

■キーマン向け生保の有効性

① ”埋蔵金”効果 … 万一の時の緊急予備資金

② 事業承継対策の税効果

a. 役員退職金の計画的準備 … 税効果№1

b.自社株の”紙爆弾”化の予防 … 株価引下げ

 

今年のラスト講演に臨むに際し、最高の舞台をご用意いただき、

日本生命の本部営業教育部の皆様に感謝申し上げます。

本日はありがとうございました。

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

私が定点観測しているデータは、夏と冬の賞与シーズンにおいて、

大阪シティ信用金庫が発表する『大阪府下の中小企業賞与支給実態』です。

大阪府下1014社の回答で、今年の冬季賞与は以下の通りです。

 
▼賞与を支給する … 57.7%(前年対比3.8%低下)
▼1人当り平均支給額 … 27万8664円(2008年以来の高水準)

 
中小企業の中でも二極化が進んでいますね。
一方、東証一部上場企業の今冬の平均支給額は、
【71万1647円】
です。

中小企業と大企業の格差はまだまだ大きい。

しかし、中小企業でも平均支給額が上昇したのは良いことですね。
御蔭様で、わが社の社員の今冬最高賞与支給グループ
は東証一部賞与平均額を上回りました。
これもひとえに顧問先のクライアントの皆様の御蔭です。

いつも本当にありがとうございます!
顧問先のクライアントからは、100万円超えの賞与支給

のお話も耳にします。

こんな職場で働ける社員は本当に幸せですね。

敬服の限りです。

 

 

 

上げた利益をどうするか?

経営者のお金の有効配分で、頭を悩ませるところ。
私が常日頃言っていることですが、
企業の納税には大きく2つあります。

 
1つは、

 
▼利益をたくさん上げて、法人税をたくさん納めること。

 
もう1つは、
▼社員に還元して給与水準を上げ、社員の所得が増えることによって、

社員が納める所得税を増やす

 
納税は企業の社会貢献の証です。

ただ法人税を納めることだけが納税の方法ではない。

当然、金融機関から資金調達したり、
緊急予備資金を作っておくためには、

利益のすべてを社員に還元するわけにはいきません。
ただ夏と冬の定期賞与以外に、
決算賞与という概念は大変重要です。
日本経営合理化協会発行のCD教材『まかせる経営の進め方』

の著者、重永忠氏はこう言います。

…………………………………………………………………………

決算賞与は、赤字部門があったとしても、
社員全員に対して支給しています。
なぜなら、仕事というのは、
ひとりでやり切れるものではないからです。
私だってひとりでは、
この会社を経営できません。
みんながいるからこそ、
この会社は動いていますし、

ここまで大きく育ててこられたのです。
私は社内で事あるごとに言っていますが、
この会社は徹底した連携プレイで成り立っています。
すべての役割を社員で担う『オール自前主義』です。

どこか一つ欠けても成り立たない

『連携プレイ型の会社』

なのです。

同じ価値観とプロ意識を共有した社員たちが
自分事として働いている。

だから、

みんなで上げた利益をみんなで分かち合おう

という発想になるのです。

…………………………………………………………………………

 

 

株式会社生活の木を率いる経営者のお言葉。
同社は、世界51ヶ国の提携農園から厳選したオーガニック
ハーブや製油など、直営店120店舗、提携店90店舗で
販売されているとか。
人手不足時代の今、お手本にすべき経営者のお一人
でいらっしゃいます。

決算賞与の支給は、

「頑張れば会社は応えてくれる」

という社内のモチベーションを高めてくれます。

 
ただし、決算賞与の税務上の取り扱いに注意!

 
決算賞与は本来、その年度の業績をベースに
支給するのが建前になっています。
決算を締めて利益が確定した後に、
賞与の額を決め、支給すべきものです。
しかし税法では、

期末時点で債務として確定していないものは
未払金として計上できない。

そんな規定になっています。

 
よって、資金繰りの都合で支給額を決定しても、
もし期末までに支給できない場合は…

税務調査でトラブルになりやすい。
ここは注意を!

 
ただ税法上、期末までに未払いでも、
決算賞与の未払計上が認められる要件があります。

 
▼賞与の支給額を個人別に、かつ同時期に支給を受ける
すべての社員に対し、期末までに通知していること

⇒ 『決算賞与通知書』を本人の署名入りで作成を!

 

▼その通知した金額を期末から1ヶ月以内
に支払っていること

⇒ 12月決算法人なら1月末日までに支払え!

 

▼その金額を通知した事業年度で損金経理していること

⇒ 上記をクリアすれば、正々堂々と未払計上を!

 

 

先日、東京のクライアントの社長がこう言われていました。
「先日、私が従業員を信じていると言ったら、
顧問弁護士に笑われたんですよ。

従業員を信じるなんて、あり得ないと…
そりゃあ、裏切られることもあるだろうけど、
こちらから信じてあげないと、

従業員も経営者を信じないでしょう。

何か、弁護士の言葉に違和感を覚えましたよ。」

 

まあ、弁護士先生はお仕事柄、
こういう思考回路になられるのは仕方ありません。
カリスマ中小企業社長として名高い、
小山昇氏(武蔵野社長)にこんな名言があります。

 
『人を信じても、仕事を信じるな』

 
これこそが的を射た言葉であると思います。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

本日は、弊社の冬季賞与支給大会でした。

社員にとってはまさに“魂のご馳走の日”ですね。

 

 

弊社の賞与支給は毎回以下のような流れで行います。

 

▼私からねぎらいの言葉をかけて、現金で手渡し。

▼同僚スタッフはクラッカーを鳴らし、お祝いする。

▼パートスタッフの賞与手渡し時には、正社員が日頃の感謝のコメント

を発表する。

▼正社員は賞与の手渡しを受けた後、同僚スタッフに今後の抱負をコメント

 

そして、日報に『賞与をもらえたのは社長の御蔭です』とコメントを記入し、

トップへの感謝の気持ちをカタチで示してもらいます。

(笑)

 

トップの私が賞与のカタチで社員への感謝の気持ちをカタチで示しているので、

経営者と社員がお互い感謝し合う良い社風づくりの一環として行っています。

 

こうした儀式ができるのも、顧問先のお客様の御蔭です。

本当にありがとうございます!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

昨日は、近畿鍛工品事業協同組合にて、当社グループの税理士法人&社労士法人

にてセミナー講師を務めました。

組合企業様20社のご参加を頂きました。

 

 

テーマは以下の通りです。

『中小企業のための助成金&補助金セミナー ~ 国策に乗って会社を成長させる方法』。

 

中小企業支援策のキーワードは今、【人手不足】と【事業承継】です。

この両者とも深刻な問題です。

 

そこで、人手不足時代に有効な助成金として、下記をいかに活用して、経営に活かすべきか

を解説しました。

 

▼採用コストの上昇 … 正社員化コース(キャリアアップ助成金)

▼福利厚生の整備 … 諸手当制度共通化コース(キャリアップ助成金)

▼モチベーション向上 … 人材開発支援助成金

▼優秀な人材の定着 … 人事評価改善等助成金

 

現場レベルの具体的な運用については、弊社グループの社労士法人の所属社労士

から解説しました。

 

これから日本は世界史上、類例がない労働力人口減少時代を迎えます。

そんな中で、経営者と社員の関係性も「王様と奴隷の関係」は終焉。

「社長の給料を上げるために、君たち奴隷のように働きたまえ」

では、もはや誰も社員はついてきません。

 

セミナーの中でお話したのは、単に「助成金がもらえて得した、損した」

という次元で取り組んではダメということ。

助成金を戦略的に活用し、社員のやりがい&安心感をいかに高めるか?

雇用環境を整備し、社員が明るく元気に働ける組織をいかに築けるか?

これこそが人手不足時代に勝つためのカギであるということ。

 

その他にも、事業承継補助金についての解説も事務局よりリクエストが

ありましたので、カリキュラムの中に取り入れました。

 

今年度の公募は終了しましたが、来年度へ向けて情報のアンテナを張って

ほしいところです。そして、事業承継と言えば、補助金よりももっと重要

なのは、【納税猶予制度】です。

平成30年度税制改正でどこまで拡充されるのか注目です。

 

今日も社長業を楽しみましょう!

 

 

IMG_0672

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

 

今朝の日経新聞一面にこんな大きな見出しが!

 

『中小承継へ税優遇拡大 政府・与党 廃業増に歯止め』

 

これは朗報です。

来月発表予定の平成30年度税制改正大綱。

その中の目玉となる事業承継税制の骨子が明らかになりました。

 

▼対象株式

(現行)発行済株式総数の3分の2まで

(改正)全株

 

▼納税猶予期間

(現行)相続税:課税価額の80%、贈与税:課税価額の100%

(改正)増額を検討

 

▼雇用要件

(現行)雇用の8割以上を5年間維持

(改正)条件付きで撤廃

 

使い勝手がかなりよくなりそうです。

 

 

今話題のTBS日曜ドラマ『陸王』。

池井戸潤氏の名作ですね。

百年企業の四代目社長(役所広司演)が奮闘する、

中小企業の再生物語が描かれています。

 

 

このドラマを税理士として見ていて心配だったのは、

こはぜ屋の自社株対策でした。

(職業病ですいません、笑)

 

ランニングシューズ業界へ殴り込みをかけた新商品『陸王』

が大ヒットして、業績が急上昇すると…

 

自社株の“紙爆弾化”現象が起きるのでは??

 

もし宮沢大地君(山崎賢人演)が次期社長に就任したら、

自社株の贈与税が勃発するのでは??

 

 

でも、もし上記の改正が行われるなら、

事業承継税制で、こはぜ屋も安心できそうです。

(笑)

 

来月の正式発表をしっかり待ちたいと思います。

 

今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

 

IMG_0663

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

 

先日の日経新聞朝刊一面にこんな記事が掲載されていました。

 

「3%賃上げ企業に税優遇」

「自民政調会長が検討 事業承継も促進」

 

毎年12月中旬に発表される、来年度の税制改正大綱。

平成30年度税制改正大綱の方向性も政府内で固まりつつあるようです。

 

 

法人税の減税措置として【所得拡大促進税制】の拡充・延長へ。

 

また、中小企業の代替わりを促進するため、【事業承継税制】の充実へ。

自民政調会長の宮沢氏のコメントは以下の通り。

 

 

「中小企業は日本経済の原動力だ。

これから10年間で徹底的な世代交代を図る。」

 

 

事業承継税制は発行済株式の3分の2について、

8割まで自社株の納税を猶予する仕組みです。

5年間にわたり雇用の8割を維持することなどを条件としています。

 

 

しかし、この制度はまだ使い勝手が悪く、制約条件も多い。

よって、この制度を使いやすくするため、雇用維持条件を10年限定で

撤廃する案などを検討しているとか。

 

来月の発表を楽しみに待ちたいと思います。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

 

先日、高知に遠征し、日本生命にて講演しました。

演題は以下の通りでした。

 

『できる社長はお金をどう残しているのか?

~富裕層に強い税理士が教えます~』

 

100名を超える参加者があり、大盛況でした。

高知支社の職員の皆様方の集客努力に感謝です。

 

講演の中では以下のお話をしました。

 

▼あなたの会社に税務署が来る7つの理由

 

▼これからの税制トレンドとは?

 

▼今なぜ、プライベートカンパニーなのか?

 

▼事業ステージ別税務財務戦略とは?

 

▼松下幸之助氏の相続税対策はマネできない!

 

▼レベル別同族役員への所得分散パターン

 

▼できる社長は経営者保険をかしこく利用する

 

 

講演終了後も個別の質問をたくさん頂きました。

高知の中小企業の経営者の皆さんも必死で戦っておられることを

肌で感じることができました。

 

日本の99.7%を占めるのが、私たち中小企業です。

TBS日曜ドラマ『陸王』が今面白い!

私どものクライアントで、大阪の名門アパレル企業様が

衣装提供されている番組です。
番組最後の『衣装協力』のテロップで、お客様の名前
を見て、感動しました。

 

そして何より感動したのは、役所広司演じる4代目社長の

第一話でのセリフ。
「これはタスキです。

先代も先々代も足袋づくりに励みながら、

それにあぐらをかくことなく、一方で常に新しいことに

挑戦しようとしていたんだと思う。

 

結果としてうまくいかなかったとしても、

その魂はこうして受け継がれてゆく。

これは、こはぜ屋100年の歴史を支えてきた、

社員達から託されたタスキなんだ!」

 

全国の中小企業の経営者に勇気と希望を与えてくれます。

 

高知の中小企業の経営者の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

IMG_0506

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの

岩佐孝彦@税理士です。

 

私の毎朝の日課は5時に起きて、愛犬イチローを連れて、

神社参拝。このウォーキングの所要時間は40分。

 

昨日と今日は神社への道中、カブトムシが2日連続で私の目の前

に現れました。

 

 

それも、オス!!

 

 

もう10年近く毎朝の習慣は続いていますが、

今まで朝のウォーキングで見かけたのはメスばかりでした…(汗)

 

 

長男が高校生、長女が中学生と大きくなったので、

今はお持ち帰りしても、子供たちは喜ばない…(汗)

 

 

というわけで、道の真ん中にいたのを端っこに移動させただけで、

お持ち帰りはしませんでした。

 

 

ただ2日連続というのは奇遇だなと思い…

 

 

カブトムシを夢占いで意味することを調べてみたら…

 

 

▼大きなチャンス到来の暗示

 

 

と書かれていました。(笑)

 

 

自分に都合の良いように、プラス発想で解釈したいと思います。

(笑)

今日も社長業を楽しみましょう。