» 2015 » 12月のブログ記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんにちは、岩佐孝彦@税理士です。

今年も残りわずかとなりましたね。私どもは本日仕事納めです。

 

先日、顧問先のお客様限定で年始に恒例でお配りしている『新春CDマガジン』

のスタジオ収録をしました。

 

このCDのテーマは『2016年度税制改正の傾向と対策』。

主な内容は以下の通りです。

 

①2016年の減税メニューとは?

②2016年の増税メニューとは?

③これからの時代の経営者の節税対策の基本方針とは?

 

収録時間は40分。車での移動などスキマ時間にお聴き頂ければ幸いです。

年始にクライアントの皆様のお手元に届く予定になっておりますので、

どうぞお楽しみに!

 

 

さて今年は、

「わが社は顧問先のお客様に支えられている」

ということを改めて再認識させられた一年でした。

 

特に今年4月17日の大阪太閤園での出版記念パーティーでは、213名のご参加を

賜り、大盛況で終わることができました。

http://tfp-j.com/wordpress/index.php/archives/634

 

このパーティーの影のプロデューサーを務めて頂いた、株式会社アスクの長倉社長

を初め、KEC教育グループの木村理事長など多くのクライアントの皆様の多大なる

お取り計らいを頂戴し、改めて感謝の念でいっぱいです。

 

クライアントの皆様におきましては、本当にありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

 

__

 

こんにちは、岩佐孝彦@税理士です。

12月16日に2016年度の税制改正大綱が発表されましたが、

先日【減税メニュー】についてお話しました。

今日は【増税メニュー】です。

増税内容については、あまりふれたくないですが…(汗)

増税メニューとして大きく4つあります。

 
▼消費税率アップ … 10%(2017年4月より)

 

赤字でもかかる税金として、税理士泣かせの消費税が
再び上がります。
但し、軽減税率も合わせて導入となります。

お酒と外食以外の食料品と、新聞は8%のまま。

こうなると、経理の現場で頭が痛いのが消費税の計算…(汗)
複数の税率になれば、

商品ごとの税額を把握しないと、きちんと納税額を
計算できなくなります。

 

よって、事業者を規模に応じ、3グループに分け、
必要な対応を変えます。

 

★Aグループ … 年間売上高5000万円超

⇒ みなし課税OK(2017年4月から1年限定)

 

★Bグループ … 年間売上高1000万超~5000万円以下

⇒ みなし課税 or 簡易方式 のいずれか選択OK

 

★Cグループ … 年間売上高1000万円以下

⇒ 免税OK

 

詳細の説明は今回割愛しますが、
私たち会計事務所の対応も大変になりそうです…(汗)
ただ会計ソフト業界は儲かりそうですね。(笑)

 

 

▼雇用促進税制の対象縮小

 

前年比 2人以上&10%以上の増員があった場合、
1人当り40万円の税額控除が受けられる制度。
このストライクゾーンが狭められました。

 

★対象者

《現行》 正社員とパート(労働保険加入者)

《今後》 正社員のみ

 

★対象地域

《現行》 全国OK

《今後》 雇用環境の悪い地域(有効求人倍率が全国平均3分の2以下)

 

ただこの制度は、賃上げ促進税制との選択制です。

賃上げ促進税制とは、アベノミクス減税の一つで、
前年より2%(来年は3%)以上アップしていれば、
人件費増加額の10%を税額控除できる制度。
こちらの制度はそのまま継続です。

 

これからは雇用促進税制ではなく、
賃上げ促進税制の適用を優先的に考えるべし。

 

▼建物付属設備&構築物の減価償却制度の改正

 

医院の内装設備などの減価償却年数が長くなります。

 

《現行》 定率法

《今後》 定額法

 

定率法の方が定額法と比べて、
より速く、より多く減価償却費を計上できました。

 

しかし、平成28年4月1日以後に取得する
建物付属設備と構築物から、

上記適用開始となります。

 

前述のように、アベノミクス減税の目玉であった

『生産性向上設備投資促進税制』による【即時償却】が

来年3月で廃止となります。

 

大きなハード面の投資は来年3月までが有利な様相ですね。

 

 

 

▼赤字企業に対する外形標準課税

 

赤字企業への増税負担が重くなる?

しかし、心配ご無用!
この増税メニューは、資本金1億円超の企業限定。

 

企業全体の99%を占める資本金1億円以下の中小企業
には無関係です。

 

実は9月に、吉本興業が大幅な減資を実行。
資本金125億円から、1億円に下げたのです。

1億円の減資については、5月にシャープが一度検討。

 

経営再建中ということもあり、
税制上の優遇措置を狙って実施を検討。
しかし、政府を中心に批判の声が相次ぎ、断念。

結局、5億円の減資にとどめた経緯があります。
どんなに増資しても、資本金は1億円以下にすべし。

この改正項目から、資本金のレッスンをとして学びましょう。

 

 

お金は知っているか知らないかで差がつく世界。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

__

 

こんにちは、岩佐孝彦@税理士です。

 

12月16日に2016年度の税制改正大綱が発表されました。

 

「強い者ではなく、変化に対応できる者が生き残るのだ」

 

とよく言われます。

 

私たち中小企業経営者が税金とかしこく付き合ううえで、
このスタンスは絶対不可欠です。

 
毎年この時期に発表される税制改正については、

▼減税メニュー

▼増税メニュー

に分けて押さえておくべし。

 
それでは、今日は【減税メニュー】について紹介しましょう。

今年度の減税メニューは大きく4つです。

 

▼法人税等の実効率引下げ

《現行》 税率 32.11%

《今後》 税率 29.97%

 

法人税の他、事業税や住民税を含めた法人税等の
実効税率が、ついに30%を割りました。

法人税のみにフォーカスすると、

 

《現行》  税率 23.9%

 

《第一段階》税率 23.4%

(注)平成28年4月1日~平成30年3月31日までの開始事業年度

 

《第二段階》  税率 23.2%

(注)平成30年4月1日以後の開始事業年度

 

となることが決定。

【個人増税 vs 法人減税】の流れがますます加速してきました。

 

 

▼生産性向上設備にかかる固定資産税の軽減措置

160万円以上の生産性向上設備を新たに購入した場合、
3年間に限り、固定資産税を50%減額。
こんな制度が新たに創設されます。

 

しかし一方で、アベノミクス減税の目玉であった、

【生産性向上設備の即時償却】

は平成28年3月末で廃止になります。

 

今回の固定資産税減額措置は
この即時償却制度廃止のリカバリー的な意味なのか?

 

設備投資に伴う国税の【法人税】の税効果
はまもなく期限切れ。

 

ただ地方税の【固定資産税】を減税しよう、

そういう制度です。

 

 

▼企業版ふるさと納税の創設

 

個人レベルで近年注目を集めたふるさと納税
が法人でも可能に。

 

地方公共団体に対する寄付金は、全額損金ですが、
それに加え、
地方公共団体が行う一定の地方創生事業
に対して寄付を行った場合、

 

(イ) 法人事業税の税額控除(上限10%)

(ロ) 法人住民税の税額控除(上限20%)

(ハ) 法人税 … 寄付金の30%-(イ+ロ)

 

の減税効果が得られます。

 

平成28年4月1日以後開始事業年度より、
この制度はスタート。

 

▼通勤手当の非課税限度額の引上げ

 

《現行》 月額10万円

《今後》 月額15万円

 

平成28年1月1日以後の通勤手当から適用スタート。
人手不足の今、優秀な人材確保を図るうえで、
中小企業経営者にとっては朗報です。

 

経営者が税コストと上手に付き合うためには、
税制改正事項にアンテナを張り、

時流に乗ることが大切。
お金は知っているか知らないかで差がつく世界。

 

今日も資産防衛に知恵を絞りましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、岩佐孝彦@税理士です。

先日、日本生命・神戸支社にて相続税対策のセミナー講師を務めました。

セミナータイトルは「こんな生前贈与は危ない! ~ マイナンバー時代

で相続はこう変わる」。

http://www.tfp-j.com/pdf/20151209.pdf

 

参加者は、一般のお客様78名と日生の営業職員40名の計118名の大盛況に

終わりました。

 

世間のマイナンバーに対する関心は非常に高いですね。

先日も毎日新聞電子版の経済プレミアのマイナンバーに関する私の記事も

アクセスランキング1位となりました。

http://www.tfp-j.com/pdf/pre.pdf

 

今年から相続大増税となりましたが、マイナンバー時代のもとでは、

名義預金や遠隔地預金は通用しなくなります。

いわゆる“なんちゃって贈与”では課税当局の目はごまかせません。

 

2018年からマイナンバーと預金口座のリンクが任意適用となります。

マイナンバーと預金口座のひも付けが進んでいくと、課税当局は

さらに精緻におカネの流れを追いかけることができるようになります。

 

このセミナーは大好評につき、日本生命・神戸支社にて来年2月17日にリピート

開催が決まっております。

どうぞよろしくお願いします。