» 2013 » 12月のブログ記事

悪魔

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

今日が私どものオフィスの仕事納めです。

今年も本当にお世話になりました。

昨夜は社内忘年会でした。

時間というのはあっという間に経過しますね。

年末になると毎年思い知らされるのが時の速さ。

 

中島薫氏の著書「お金の哲学」(サンマーク出版)にこんなお話が

書かれていました。年末ですので、シェアさせて頂きます。

 

(下記より引用)

20歳の青年がいました。

青年はその時、人生のすべてがうまくいっていなかった。

お金もないし、仕事もなかなか見つからない。

そのせいで恋もうまくいかないし、楽しいことも何もない。

毎日がつまらなくて、うんざりしていました。

 

「ああ、このまま何もなくてぱっとしないままで、自分の人生は終わって

いくのかなあ。」

 

青年がそう思ってため息をついたとき、どこからともなく悪魔が現れました。

そして青年にこう言いました。

「どうだ、俺と契約をしないか?」

 

契約とはどういうことかと青年が尋ねると、悪魔はこう言いました。

「お前の人生のうち40年分を俺にくれ。

お前は若いから、この先何十年も生きる。

ひょっとしたら100歳まで生きるかもしれない。

そうしたら、40年くらいは俺にくれてもいいだろう?

そのかわり、1億円をお前にやろう。

それで残りの人生を面白おかしく暮らすっていうのはどうだ?」

 

青年は考えました。

「40年か。仮に僕が80歳まで生きるとして、そこから40年を引いたら

40歳が僕の寿命ということか。

40歳で死ぬとしても、今が20歳だし、40歳まで20年。

それだけあったら、引き換えにもらった1億円で、やりたいことが全部できる

だろう。

こんなつまらない人生を80年、いやもっと過ごすかもしれないことを考えたら、

悪魔と契約するのもいいかもしれない。」

 

そう思い、悪魔の提案に乗ることを決めました。

そして青年はベッドに入って眠りにつきました。

次の朝、目を覚ましてから青年は昨夜のことを思い出し、不思議な気持ちになりました。

「夢だったのかな、昨日の悪魔は。変な夢を見たな。」

 

そう独り言を言いながら起き上がりテーブルの上を見ると、

何とそこには1億円がちゃんとあったのです。

悪魔の言ったことは本当だったのです。そして契約も。

青年は驚いて、しかし次には大喜びで踊りだしました。

 

「やった、やったぞ。あれは本当だったんだ!

僕はこの1億円で、これからやりたいことをやりつくすんだ!」

 

そして青年は晴れ晴れとした気持ちで、身支度を整えようと洗面所へ行きました。

そして洗面の鏡を見た瞬間、青年は驚いて叫び声をあげました。

 

そこに映っていたのは、60歳の老人だったのです。

青年は60歳になっていたのです。

悪魔が青年から持っていったのは、40歳から80歳までの40年間ではなく、

20歳から60歳までの40年間だったのです。

青年はその場に崩れ落ち、泣き叫びました。

(引用終わり)

 

 

同じ40年でも、若い時にしかできないことは60歳の青年にはもうできません。

1億円と引き換えに、若い素晴らしい時代を悪魔は持ち去りました。

 

大塚寿さんの著書「40代を後悔しない50のリスト」(ダイヤモンド社)でも、

▼40代を後悔している人はチャレンジしなかったことを最も悔やんでいる

▼40代の敵は「保身」である

と述べられています。

 

万物は流転しています。

全ては流れる川のように、ひとときとして同じ姿をとどめません。

諸行無常の原則は、組織やビジネス、さらには人間関係にも当てはまります。

組織は動き、ビジネスは変化します。現状維持はあり得ません。

何を得ようと何を失おうと、過去への未練は生まれないはず。

2013年度も終わろうとしています。

2014年へ向けて、今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

 

無題

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

明治政府ができ、初めて【所得税】ができたときのエピソードです。

 

当時、大阪ミナミの宗右衛門町に富田屋という一流のお茶屋がありました。

その富田屋にある日、大阪の名高い町人というか、いわゆるお金持ちが

招待されました。

 

お金持ちたちは、招待とはいうものの、何事かと不安な気持ちで座敷に

座っていました。

なぜなら、現代よりもはるかに強大な権力を持っていたお役所からのお招き

だったからです。

 

そこへ出てきたのが税務署長とおぼしき人物。

彼は正面の床の間を背にした席ではなく、いわゆる末席に座り、

こう言いました。

 

「本日わざわざお越し頂いたのは他でもありません。

明治政府になって、日本の発展のために、こういう国家事業をやらなければ

なりません。

つきましては、このたび皆さんの収入に応じ【所得税】というものを新たに

納めて頂くことになりました。 ついてはよろしくお願いしたい。」

 

そして、お金持ちたちを丁重にもてなしたそうです。

 

現代の課税当局と納税者との間の関係性においては、上記のような状況は

絶対に考えられません。

税務署が納税者を接待するなんて、基本的にあり得ない話です。

 

ただ現代の【所得税】の増税路線は今後ますます加速していきます。

 

▼2015年1月 … 所得税の最高税率引上げ

40%から45%へ(課税所得金額4000万円超)

 

▼2016年1月 … 年収1200万円超の給与所得控除230万円へ圧縮

 

▼2017年1月 … 年収1000万円超の給与所得控除220万円へ圧縮

 

これにより会社員の3.8%にあたる約172万人が影響を受ける見通しと

いわれます。

 

「社長のお金 = 会社を守る最後の砦」。

明治時代のような税務署からの接待もありません。

経営者は孤独と言われますが、自助努力で知恵を絞って下さい。

【所得税】の傾向と対策はこれから経営者には必須です。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

 

__

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

今日は朝一番からオフィス近くのスタジオにて、

「新春CDマガジン」の収録を行いました。

 

このCDは、私どもからの新年のご挨拶として、

顧問先のお客様限定でお届けするものです。

 

テーマは、

『経営者が身につけるべき税金の教養

~ 2014年のトレンドに乗れ!』

 

約40分間の構成です。

冒頭と最後に“新しいスタート”をイメージしたBGMを

ADの方に入れて頂きました。

 

▼2014年度の景気動向、経済情勢の見通し

▼2013年度の機運を踏まえた2014年度の潮流

▼2014年度税制改正大綱の傾向と対策

 

をコンテンツにしております。

顧問先限定の“裏”情報も収録しています。

顧問先のお客様におきましては年始をお楽しみに!

 

 

DSC_0026

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

2013年の世相を1字で表す「今年の漢字」が【輪】に
先日決まりましたね。
日本漢字能力検定協会より先日、京都市の清水寺で
発表されました。

2020年東京五輪の開催決定、富士山の世界文化遺産登録
が官民のチームワークで実現したこと、国内外で起きた災害
からの復興に支援の輪が広がったことが理由に挙がったそう
です。

 

一方、日経トップリーダー12月号の社長アンケートでは

2014年度の漢字が掲載されていました。

 

世間一般では、この時期に一年を振り返り【2013年の漢字】。

それに対し、日経トップリーダー誌では同じ時期でも過去は

もう振り返らない?

来年一年へ向けての意気込みを示す漢字が紹介されています。

 

【社長業 = 未来創造業】

 

ですからね。

結果は以下の通りです。

 

▼2014年度に向けた意気込みを示す漢字【攻め編】

*1位 進

*2位 活

*3位 翔

 

▼2014年度に向けた意気込みを示す漢字【守り編】

*1位 忍

*2位 耐

*3位 気

 

同じ調査で2012年は「忍」、2013年は「我慢」でした。

同じようなフレーズが2014年も存在するものの、今回は【攻め】を意味する漢字

が多かったのが大きな傾向でした。

 

アベノミクスのプラス効果が末端の中小企業にまで波及していないと言われ不安要素

は残っていますが、やり方次第では大いにチャンスをつかめる環境に好転していると

多くの経営者が感じているようです。

今日も社長業を楽しみましょう。

__ (16)

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

12月13日、2014年度税制改正大綱が発表になりました。

日経新聞朝刊一面に大きく記事が出ていましたが、

 

「法人税制改革 足踏み感」

 

というネガティブ(?)な文字が…

 

所得税、消費税の増税の足音が聞こえてくる内容が盛り込まれていますが、

何事もマイナス面ばかりに目を向けるのはよくありません?

 

というわけで今日は「2014年度税制改正大綱」のプラス面について

紹介します。減税項目の一つに、

 

▼復興特別法人税の1年前倒しでの廃止

 

があります。

現行は、

 

「平成24年4月1日以後開始事業年度より【3年間限定】で
通常の法人税額の【10%増】で納付する」

 

という制度です。

 

個人にかかる所得税における「復興特別所得税」は、

 

「平成25年度から【25年間】にわたり、通常の所得税額の【2.1%増】」

 

になっています。

それに比べると、法人税の方は期間が短くカワイイものでしたが…(苦笑)

 

ただ今回企業減税による経済活性化を目的に、

3年限定を【2年】に前倒しし、【2014年3月末】で復興法人税は

廃止されることになりました。

 

日経新聞朝刊一面見出しにあるように「法人税制改革 足踏み感」と

いわれるのは、

 

法人税実効税率の引き下げを検討するものの、

引下げ幅(いくら?)、引下げ時期(いつ?)という部分が明記

されなかったからです。

 

ただいずれにせよ、

【個人(増税) vs 法人(減税)】

 

という大きな税制の流れは変わりません。

 

事業承継対策においても、

相続大増税を回避し、法人減税の流れにうまく乗るべく、

持株会社を設立するのは時流にもマッチしているわけです。

 

【名より実】

【見栄より合理性】

を社長として追求するなら、

 

▼目先のお金を個人で取り込もうとしない

▼会社の利益をすべて個人に還流しようとしない

 

という“惜福”のマインドを持つ。

これが経営者として税金とかしこく付き合うためのキモです。

2013年度もあと残り2週間余り。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

__ (7)

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

ここ最近の日経新聞を見ていると 年末へ向けて、今後の税制改正の

検討事項に関する記事が目立ちます。

もうまもなく発表される、 2014年度の【税制改正大綱】の影響でしょう。

 

そんな中、先日の日経新聞夕刊一面にショッキングな記事がありました。

 

「年収1200万円超が対象 給与所得控除縮小  16年実施」

 

この記事が目に飛び込んできたときの私の第一印象は、

 

「そこまでバーを下げちゃうの?」

 

というのは、11月27日付の日経新聞朝刊一面にこんな記事が出ていた

からです。

 

「年収2000万円超の企業役員 所得控除を圧縮」

__

 

この記事から読み取れることは、役職差別?

私たち中小企業経営者は「社長業 = 世界一割に合わない商売」

に拍車がかかるのか?

 

 

実は、この論点は今年増税になったばかり。

2013年度より、【年収1500万円】超の場合、

領収証なしで認めてもらえる非課税枠【給与所得控除】245万円

で頭打ちになったところ。

 

それをさらに、

▼年収2000万円超

▼役員(登記上の取締役だけでなく、執行役員も含む)

に限定し、2014年度から控除額を減らす方向で検討に入っていた

とのこと。

政府の思いとしては、

「縛りが多い会社員と比べ、自分の裁量で働ける役員は減額すべき」

とのことですが、ただ現実は、平均的なサラリーマンと比べ、

経営者は自分のビジネスについて人生を賭けて真剣に取り組んでいるもの。

よって、私たち中小企業経営者としては複雑な思いに駆られる増税メニュー

に思えましたが…

 

ここへきて、政府内で「役員だけに対象を絞るは説明が難しい」との意見が出たようで、

高所得者全体により幅広く負担を求める方向で軌道修正がなされているようです。

そこで現在は、役職問わず【年収1200万円】というバーで増税ラインを設定する案が

急浮上してきているとのこと。

 

まだ来年度の税制改正大綱は正式発表になっていませんが、政府内では意見が二転三転

しているようですね。

まあ大義名分はどうあれ、国としては「取れるところから取れ!」

ということでしょう。(泣)

近日中に行われる発表を静かに待ちたいと思います。

 

__

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

12月になりました。2013年もあと1ヶ月ですね。

今年は小6の息子の少年野球ラストイヤー。

この一年は毎週日曜日、息子の少年野球に身も心も捧げてきました。

上記写真は、あるトーナメント大会の「開会式」のシーンです。

今となっては懐かしいです。

というのも昨日、息子の所属する少年野球連盟で「閉幕式」がありました。

12チーム99名の6年生を送る式でした。

 

ただその前に行われた後期リーグ戦の表彰式を見て、一段と悔しさが

込み上げてきました。

優勝チームのスポットライトの浴び方が格段に素晴らしく、

優勝を逃した自軍チームとの差をまざまざと見せつけられた議事進行

だったからです。

同じチームのお父さん方と「ほんとに悔しいなぁ。少年野球は難しい」

と言いながら、表彰式の様子を見つめていました。

 

1週間前に行われた最終戦。勝った方が優勝という試合にわがチームは勝てず、

惜しくも優勝を逃してしまいました。

最後に勝って、父兄も含め、チームみんなで笑って終わりたかった…

抱き合って優勝の喜びを爆発させたかった…

勝つ喜びと誇りを胸に子供たちに少年野球を終わらせたかった…

ほんとうに残念…(泣)

 

▼終わりよければすべてよし

▼有終の美を飾る

 

といわれますが、このフレーズには重みと深みがある。

息子の少年野球というプライベートの世界ではありましたが、

このことを昨日痛切に感じさせられました。

 

少年野球ラスト公式戦、勝った方が優勝という大一番だからこそ、

一球一球、ワンプレーに今までやってきたことのすべてが凝縮され表現される。

しかし、自軍チームはそこで相手に勝てなかった。勝つチャンスは十分ありましたが…

私は今回の結果を真摯に受け止めながらも、先週1週間はショックのあまり、

燃え尽き症候群でした。(苦笑)

 

ただ最後に優勝という【目標】は達成できなかったけど、

少年野球を通じ人生を学ばせるという【目的】は少しは達成できた

と思っています。

私たち経営者がビジネスを成長させていくうえで陥りがちなのが、

【目標】と【目的】を混同してしまうこと。

このことが利益さえ得られれば手段は選ばないという

邪念につながるのです。

 

先日も、小学生の息子に優勝チームという強豪でバスケットボールをさせて

いらっしゃる、年商10億円のクライアントの経営者が言われていたのは、

「バスケットーボールを通じ、人生を学ばせる」ということ。

お話を聞いていて、うちの甘ったれ(?)の息子より、

立派な息子さんだなあと感銘しました。

長い目で見れば、今回最後に勝てなかったという経験は自軍チームの

子供たち一人ひとりの大きな財産になるでしょう。

所詮まだ12歳。人生はこれから!

今は人生の厳しさを知っておく方が大人になってプラスになるはず。

少年野球を通じ、お世話になった地域の父兄の方々には感謝の念でいっぱいです。

ほんとうにありがとうございました。

 

ただやっぱり何事も、

 

▼終わりよければすべてよし

▼有終の美を飾る

 

が大切です。

途中のプロセスで失敗は当然あるでしょう。

でも最後がよければ、それまでの過程でうまくいかなかったことも水に流せる。

終わりがすべてと言っても過言ではないぐらい重要です。

 

2013年度を良い一年にしたい。

この一年を振り返り、いろいろ試行錯誤もあったとしても

最後は良い締めくくりをしたいところです。

皆さんの会社の方も年末で大変忙しいと思いますが、2013年度のラストスパート

の社長業をお互い頑張りましょう。