» 2013 » 5月のブログ記事

__ (4)

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

先日、日経BP社より【社長のための名講演集CD  2013】が

発売になりました。詳しくはコチラをどうぞ。

http://nvc.nikkeibp.co.jp/dvd2/meikouen/

 

 

これは、日経トップリーダーがこれまでに開催した100以上の講演会から
特に高い評価だいた5つの講演を収録したCD集です。

私は第4巻の「会社のお金・社長のお金」に登壇しています。

 

 

会社経営はお金で始まり、お金で終わる。これが現実です。

お金が全てではありませんが、お金という現実から逃げないこと、

お金から目をそらさないこと。

皮肉な表現になりますが、これが【社長業=金策業】にしないための

条件です。

そして、本来【社長業=未来創造業】であるはず。

経営者が夢に向かってガムシャラに進むためにも、「現金=現実」から
逃避してはいけない。

 

税理士として数多くの中小企業の膨大な数字にふれてきた中で、

言えるのは【資金繰りの悪玉菌】となるのは次の4つです。

 

▼第一の固定費「人件費」

▼第二の固定費「テナント家賃」

▼銀行借入金

▼寝ているお金「売掛金&在庫」

 

 

これらとうまく付き合えれば、社長はカネの心配から解放されます。

しかし、「会社のお金、社長のお金」を残すにはテクニック論だけでは

語れません。

社長自身の心の奥底にある【マネーストーリー=お金の物語】を

良い方向に持っていけるかがカギとなります。

日本の99.7%を占める中小企業の場合、会社と社長は表裏一体。

よって、社長の【マネーストーリー】が会社のキャッシュフローに

良い意味でも悪い意味でも色濃く反映される。

お金は虫眼鏡。その社長の本質を怖いほど表現する拡大鏡なのです。

 

 

「社員数が多ければ多いほど儲かっているように見える」

「豪華な広々とした快適なオフィス空間はカッコイイ」

 

 

という見栄に根差した【競争的消費】のマネーストーリーにとらわれると、

人件費やテナント家賃といった【固定費】に支配される経営モデルになる。

 

 社長には家族を守り、従業員の雇用を守り、社会に幸せをもたらす責務

が ある。

もし己のマネーストーリーに問題があれば、会社に関わる全ての人に迷惑

をかけてしまうことになりかねません

 

 

お互い経営者として、自分自身のマネーストーリーに問題ないか、もう一度

冷静に、そして客観的に見つめ直したいですね。

 

今日も【社長業】を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

IMG_3541

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

先日、京都にてダブルヘッダーで講演をしてきました。

日本生命・京都南支社主催の相続対策セミナーです。

 

 

表題は、

 

「平成25年度税制改正をふまえて

 残された家族が困らないために今すべきこと

 ~もはや他人事ではない「争族問題」と「相続税」~」

 

 

ダブルヘッダー第一ラウンドは【京田辺】。

 

その後、会場を移動し、第二ラウンドは【JR京都駅前】。

 

IMG_3550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都は私が独立前に丁稚奉公で会計事務所勤務時代に過ごしたことがありますが、

同じ関西でも大阪や神戸とは違う独特の風土があります。

 

 

▼京都十代、東京三代、大阪一代

 

という言葉があります。

その土地になりきるには京都は十代も要する一方、東京は三代、

大阪に至ってはわずか一代でOK?

京都は外部の人間が商売するのは大変難しいといわれる所以ですね。

 

 

また、

 

▼京都の着倒れ、大阪の食い倒れ、江戸の買い倒れ

 

 

という言葉もあります。

カネを使って身を滅ぼすのは、京都は着物、大阪は食べるもの、江戸は女。

京都は大阪や江戸に比べて、カネの使い途が何かお上品ですね。(笑)

神戸の他、私どもの顧問先は東京と大阪には数多くありますので、

上記の言葉はちょっと複雑です…(苦笑)

 

平安京以来、1869年の東京遷都まで1000年以上もの間、京都は

日本の政治、経済、文化の中心でした。

日本国有の生活様式や文化が育まれ、多くの歴史的資産を残しました。

だからこそ、京セラ、ワコール、任天堂など名高い企業の本社が

京都にある風土があるのでしょう。

 

 

また、セミナー終了後に対応した個別相談を受けて痛切に感じさせられたのは、

相続対策は【節税】の前にやはり【分割】の問題が大きいということです。

 

 

相続人の中で、誰が、どの資産を引き継ぐのかという問題です。

この段階で宿命的に【争族】の問題が発生するケースが多い。

そうなると、税理士としても相続に造詣の深い弁護士先生との連携が必要不可欠になります。

ここで私たち士業が注意すべきなのは【非弁行為】。

 

 

非弁行為とは、法律で許されている場合を除いて、弁護士法に基づいた弁護士の資格を持たずに

報酬を得る目的で弁護士業を反復継続の意思を持って行うことをいいます。

 

相続人の間に争いがない場合に、相続人に対し分割方法や相続に関する法令や判例について説明する行為、

及び遺産分割における相続税法上の特例選択の有利不利の解説や助言を含め、相続人の間の合意形成を

リードし、遺産分割をまとめる行為は【非弁行為に該当せず】と考えられます。

 

しかし、遺産分割について紛争が生じ争訟性を帯びてきたにもかかわらず、他の相続人と折衝することは

【非弁行為】になります。

先日も私どものクライアントの争族問題で、相続に造詣の深い弁護士先生におつなぎし、そのご相談の場に

顧問税理士として同席させて頂きました。

I先生、素晴らしいご助言を頂戴し、ありがとうございます。

 

 

私も士業の人間として【一隅を照らす】ことができるよう、最適な相続対策の普及と啓蒙を通じ、

高齢化社会の発展に寄与できるように日々精進してきたいと考えております。

京都の皆様、神戸のよそ者の講師のお話に熱心に耳を傾けて頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

__ (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

先日の静岡講演前に久能山東照宮に参拝したときに【東照宮遺訓】として

家康公の名言が書かれていました。

その中で特に心に響いたのが、

 

 

「勝つ事ばかり知りて負くるを知らざれば害その身に至る」

 

という言葉。

 

あの家康公も戦で大敗を喫したことがあります。

武田信玄に敗れた【三方ケ原の戦い】。

這う這うの体で自分の居城に逃げ返った直後、自分の苦々しい姿の似顔絵を描かせて、

これ以後その絵を自分の戒めにしていた。

これが260年余続いた江戸幕府の基礎になりました。

【負け】は己を成長させる糧になるのです。

 

「会社は成長する限り問題はなくならない」といわれます。

日々次々と起こる問題を乗り越えて、経営者は人間が磨かれる。

 

 

そして、この言葉を経営者としての己自身もそうですが、親として息子に肝に銘じさせたいと思っていました。

あと半年の息子の少年野球ラストイヤー。

先週末も少年野球一色でした。

GWの悔しい敗戦をプラスに転化できるか?

チームにはそれが問われる試合が土日と続きました。

結果は? 見事土日共にコールド勝ち!

GWの敗戦を活かし、【形から入って心に至る】とばかりにアンダーシャツも紺から赤に変え、

チームは連勝街道まっしぐらです。

その一員に息子がなれたことに大変感謝!

 

また微力ながらチームの勝利に貢献できました。

日曜日の試合は先発のマウンドでしたが、ノーヒットノーランを達成。

試合終了後に監督さんからウイニングボールをもらい、家に帰ってから私のスマホを取り上げ、嬉しそうに写真を撮っていました。

私のブログやフェイスブックに写真を載せてほしいとの息子のリクエストがあったので、

掲載させて頂きます。いつも親バカで申し訳ありません。(笑)

 

__ (4)

途中、連続四球で苦しい場面もありましたので、百点満点の出来ではなかったですが…

完投してチームの勝利に貢献するという最低限の仕事ができましたので、安堵です。

敗戦投手にならずによかった…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【一隅を照らす】

 

 

これは比叡山を開いた伝教大師・最澄の名言ですね。

 

「あなたが、あなたの置かれている場所や立場で、ベストを尽くして照らして下さい。

 あなたが光れば、あなたのお隣も光ります。町や社会が光ります。」

 

これは天台宗のサイトよりの引用ですが、

息子には今、少年野球を通じ【一隅を照らす】ことを身体で覚えてほしいと思います。

そして、私たちビジネスパーソンも仕事の場でこれを実践していかないといけないですね。

経営者は特に自分の率いる組織を社会の中で【一隅を照らす存在】にしていかねばなりません。

さあ、今週一週間も心新たに【社長業】を楽しみましょう。

 

 

__

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

今朝の日経新聞朝刊一面に大きく出ていた記事。

 

「過熱警戒で売り増幅 株急落、1143円安」

昨秋から始まった株高、円安局面で最大の下げ幅になったとのこと。

記事によれば、市場では中長期的な株高基調は崩れていないとの見方が多い一方、

当面は波乱が続くとの指摘もあるようです。

 

 

私はエコノミストではありませんので株価の先行きをシャープに見通すことはできませんが、

税理士の視点で経営者の立場から、この現象をどうとらえるべきかを考えてみました。

 

アベノミスクの現状は、各方面で「ええじゃないか」と酷似している

との見方がされています。

 

 

 

「ええじゃないか」とは何か?

 

明治維新の直前の江戸時代末期に「天からお札が降ってくる」ということで

民衆がコスプレをして踊り舞った社会現象。

 

アベノミクスの昨今の経済の動きをみても、

 

▼円安の進行

▼日経平均株価の上昇

▼トヨタなど多くの輸出企業の収益改善

▼百貨店の初売りなど個人消費好調

 

ただこれらは何も手を打たないうちに始まったもの。

 

「三本の矢」などで掲げる一連の経済政策は、まだ何も始まっていないにもかかわらず、

安倍総理の就任の途端に起こった現象です。

つまり、期待値や私たちの心理的な高揚が背景にある一時的な現象にすぎない。

 

これが「天からお札が降ってくる」という迷信(?)から起こった「ええじゃないか」と

酷似しているといわれる所以です。

 

以上のことが経済情勢の根底に流れていることを肝に銘じるべし。

来年4月の消費税率アップ後は、駆け込み需要の反動も覚悟しないといけない。

先行きは決して楽観視できないということです。

 

今こそ「ええじゃないか」に惑わされることなく、

 

▼最悪を想定し、最善を尽くす

▼悲観的に準備し、楽観的行動する

 

という経営者のあるべきマインドコンディションを持ちたいところですね。

今日も【社長業】を楽しみましょう。

 

IMG_3525

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

久能山東照宮に参拝した後、セミナー会場の静岡支社に入りました。

今回のテーマは【事業承継】。

中小企業のオーナー経営者向けのお話です。

 

 

江戸幕府は260年余続いたわけですが、現代に置き換えると【260年企業】

ということになります。

 

 

【100年企業】は現在2万社あるといわれます。

全国に約430万の事業所数がありますから、割合にすると【0.4%】。

100年企業は1%にも満たないわけですね。

 

 

そう考えると余計に【260年】の時間の重みを感じることができました。

ほんとにすごいことです。

 

 

会社経営の究極の目的は、会社をつぶさないことです。

儲けることや利益を上げることは手段であり、目的ではない。

「継続こそ力なり」という言葉があります。

 

ただ会社経営では、

「力があるからこそ継続できる」

という側面があります。

そう考えれば、家康公は事業承継の名人・達人といった域を超えた【超人】。

IMG_3503

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、駿河の地で家康公のエネルギーを拝受しながら【事業承継】の講演をさせて頂き、

今までの事業承継の講演とは一味違う感覚を覚えることができました。

セミナー終了後に個別の質問を何件かうけましたが、

ほんとに皆さん素晴らしく稼いでおられました。

お聞きした会社の利益数字がスゴイ!

世の中すべて光と影ということで、すごく稼いでおられるからこそ、事業承継において、

自社株の相続税対策が必要なわけですが…(苦笑)

 

 

静岡の皆様、そして徳川家康様!  ほんとうにありがとうございました。

JR静岡駅前の家康公の銅像に敬礼!

 

IMG_3524

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸の人間からすれば、馴染みが深い戦国武将といえば【豊臣秀吉公】。

太閤殿下ですね。

ただ今回の遠征で私は家康公のファンになりました?

今日も【社長業】を楽しみましょう。

 

 

IMG_3507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

先日、日本生命・静岡支社主催の講演のため、神戸から遠征しました。

講演前の恒例行事(?)として、ご当地の神社に参拝し、自分をその地方に同化させるための儀式。

これが地方で講演する際の講師としてのマナーと考えています。

 

今回は静岡の聖地といわれる国宝【久能山東照宮】に行ってきました。

ここは徳川家康公のお墓があるところで有名です。

 

IMG_3512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家康公の墓前に立った時、不思議と神聖な気分に浸ることができました。

家康公は晩年、江戸を出て駿府城に隠居されたそうです。

そして、遺言に従い、久能山に葬られたとのこと。

このお墓のそばに【金の成る木】がありました。

 

IMG_3510

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【金の成る木】はこれです。

 

IMG_3511

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家康公は言わずと知れた、260年余続いた江戸幕府の礎を築いた戦国武将。

幕府は15代も続きました。

 

つまるところ、家康公はカネというより、人を残したのかもしれません。

【金の成る木 = 人財】を意味すると解釈できます。

 

『財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり。

 されど、財なくんば事業保ち難く、事業なくんば人育ち難し』

 

これは、明治から昭和初期の医師であり、官僚・政治家であった、後藤新平氏の名言ですが、

家康公はまさにこれを実践した戦国武将だったのでしょう。

私たち経営者も家康公のエネルギーを拝受したいものですね。

今日も【社長業】を楽しみましょう。

 

 

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

中小企業の経営者が会社で銀行融資を受けた際の【代表者連帯保証人債務】は、

事業承継の際にも影を落とします。

事業承継の際に後継者に渡すべき【プラスの資産】は次の2つです。

▼社長のイス(代表取締役のポスト)

▼オーナーのイス(自社株の経営支配権)

 

こうした【権利】の承継だけでなく、【義務】の承継もあります。

いわゆる【マイナスの資産】として、代表者の連帯保証債務があるのです。

 

現在、私どもでは関西エリアのみならず、首都圏を含め、

複数の事業承継対策プロジェクト案件を推進しております。

 

 

中には、最高のシナリオで落ち着いたケースがありました。

今まで先代経営者と後継者のダブルで連帯保証人債務のハンコを押していたが、先代の代表取締役退任に伴い、

後継者一人だけの連帯保証でスムーズに金融機関からOKをもらった。

また、後継者はオーナーファミリーの中で事業リスクを真正面から背負うのは自分一人で十分だという覚悟を

持っている。

 

 

他のケースでは、先代経営者が後継者に負の遺産を引き継がせたくないと考えている。

後継者の方も次期社長として経営の舵取りをしていくだけの腹決めがまだできていない。

そこで、先代経営者は金融機関に交渉し、代表者個人保証を外してもらおうと考えた。

しかし、そうは問屋が卸さない。

保証人を外すには、高いハードルの財務基準が待っているからだ。

 

 

例えば、無担保・無保証人交渉ができるモノサシとして、以下の4つがある。

 

▼自己資本比率30%以上

▼損益分岐点比率80%以下

▼従業員一人当り経常利益200万円以上

▼借入返済期間:サービス業3年・流通業5年・製造業7年

 

上記は簡単にクリアできる数字ではない。

こうしたケースでは、先代経営者を被保険者とし、会社の銀行借入残高に相当する死亡保険金の付いた

生命保険に会社で入っておくべし。先代経営者の年齢にもよるが、一度検討する価値はある。

自分の死と同時に、負の遺産が自動的に消えるシステムを会社のカネで買えるからだ。

 

 

人間はリスクそのものに対して恐れを抱くのではない。

リスクに対し、自分が取るべき方法がわからないから、恐れを抱く。

よって、リスクへの対応策さえわかれば、恐れることはないのだ。

「社長業 = 究極のハイリスク請負業」

これが私が常日頃から言っていることですが、

究極のところ、経営者はリスクを取ることを楽しみたいところですね。

 

IMG_3498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。神戸の税理士の岩佐です。

先日、日経新聞にこんな記事が出ていました。

「経営者 全財産没収せず

 個人保証制度に新指針 企業リスク軽減」

中小企業庁と金融庁は、企業が倒産しても個人財産が全額没収されない

ように指針を作るとのこと。

そして住居や、当面の生活費などを残し、経営者が会社の再建に

取り組みやすくする環境を整備するのが狙いだそうだ。

私は常日頃から、

「社長業 = 究極のハイリスク請負業」

と言っていますが、会社をつぶし仕事がなくなっても、サラリーマン

や公務員と違い、経営者は国から失業手当はもらえない。

 

そればかりか、会社が倒産し銀行借入を返済できなくなると、社長は

自宅不動産はおろか、身ぐるみ剥がされる。

 

なぜ、こうなるのか?

本来、法人と社長個人は法的に別人格だ。

会社では「法人税」を納め、個人では「所得税」を納める。

納めるべき税金は両者で異なる。

また、経営学の教科書には「所有(株主)と経営(役員)の分離」

と謳われている。

しかし、日本の99.7%を占める中小企業においては、

これらは机上の空論だ。

会社と社長個人は別格に動いておらず、表裏一体である。

この大きな背景に、金融機関の中小企業融資に対する商慣行がある。

銀行は法人に融資した場合、多くは代表取締役社長に連帯保証人の

ハンコを押させる。

会社で融資を受けるのに、融資申込書類には会社の代表者印のみならず、

個人の実印まで押す必要があるわけだ。

 

 

こうなると、会社が倒産し返済不能になったときに経営者の個人財産も

自動的に全額没収になる。

これが「社長業 = 究極のハイリスク請負業」のメカニズムである。

ただ今回、中小企業庁と金融庁の話し合いにより、個人保証制度の見直し

に新たな指針を打ち出すというのは朗報です。

 

 

しかしながら、金融機関の間には信用力や担保に乏しい中小企業に

融資するためには経営者保証は絶対に必要との意見が根強く、実務上

は今後も継続される見通しとのこと。

やはり、この問題は私たち中小企業の経営者に未来永劫、永遠に

付きまとう問題ですね。

 

経営には常に博打の要素があります。

どんなに理屈で考えても、決断できない選択を迫られることもある。

ここで尻尾を巻いて逃げているようでは結果は出せない。

必要なのは【博才】です。

経営というものはソロバンだけではできない。

片手にソロバン、片手に心意気。

この2つがなければ、経営者は務まらない。

今日も【社長業】を楽しみましょう。

 

 

 

 

debate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

今日はオフィスでご来客の対応と顧問先のお客様の自社株対策スキームの最終仕上げ

をしておりました。

ゴールデンウイーク明けの先週は4日連続の税務調査立会いで神戸と大阪で朝から終日

外出続きでしたので、久しぶりに平常モードの一日を過ごすことができました。

 

 

春は税務調査が多いシーズン。

そして、税理士にとって税務調査は【論争】をする場です。

 

 

中小企業の経営者から私たち税理士に対する不満の声としてよく頂戴するのが、

「調査の時に黙って座っているだけで、調査官の言いなりになっている」

「調査官に指摘された論点について、調査官と何も戦ってくれない」

というもの…

 

 

これでは会社のお金は守れませんので、お叱りを受けて当然。

私たち税理士には税務調査での毅然とした対応が求められます。

明らかに間違った経理処理については、当然ながら修正申告に応じます。

しかし、見解の相違の論点については、

【売られたケンカは必ず買う】というスタンスが必要です。

調査の現場では、税理士の【士】は武士の【士】に相当するとして、

文字通り、サムライ精神が不可欠になるのです。

 

調査は通常2日間行われ、2日目の午前中に調査官の態度が厳しくなります。

問題点を指摘してきて、暗に修正申告に応じるよう話を進めてこようとする。

これが一般的なパターン。

 

 

ここで「待ってました?」とばかりに、顧問税理士の反撃(?)が始まる。

【論争】を辞書で調べると、

「違った意見を持つ人たちだけがそれぞれ自分の説の正しさを主張して

 話し合うこと」

と書いています。

まさにこの言葉が調査の現場では当てはまるでしょう。

 

 

税理士によって調査立会いの流儀もありますし、戦術も違います。

顧問税理士としての腕の見せ所であるわけです。

 

電通の「鬼十則」には、こんなフレーズがあります。

 

「摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母。積極の肥料だ。

 でないと君は卑屈未練になる。」

 

 

守るべきものを守るためには、摩擦を恐れてはいけない。

ですから、主張すべき点は誰が相手でも、信念を持って

ひるむことなく訴えるべし。

 

「論争」といっても、双方仕事としてケンカしているだけ。

調査が終われば、お互い全て水に流すものです。

調査官も国家公務員の方ですから、基本は紳士でいらっしゃるのです。

必要以上に税務署を怖がる必要はありません。

 

税務調査に限らず、いかなるときも、

摩擦を恐れるあまり、「ことなかれ主義」では何も物事は好転しません。

「こと起こし主義」の改革精神が経営者には必要ですね。

 

今日も【社長業】を楽しみましょう!

 

 

 

 

IMG_3461

こんにちは、神戸の税理士の岩佐です。

先日、日経トップリーダー編集部よりご連絡を頂き、今年3月に全国の

プラチナ会員向けに配布された、私の講演収録コンテンツの再利用のご依頼

を頂きました。

 

 

今月下旬に日経BP社より発売される『社長のための名講演CD集』

として登板します。

このCDは5巻セットになっており、私の講演(昨年11月東京秋葉原の講演)

は【第4巻 財務・税務戦略】に収録されています。

 

その他収録されている講演は、

▼第1巻 オーナー経営 中小企業経営者の役割と使命
加賀電子代表取締役会長 塚本勲氏

 

▼第2巻 戦略立案と決断 価格を超える価値、独創的な事業戦略を創造
カクヤス社長 佐藤順一氏

 

▼第3巻 組織の活性化 社員の力を引き出す組織作りの勘所
ジェイフィール代表取締役 高橋克徳氏

 

▼第5巻 IT経営
フェイスブック時代の中小企業経営
ループス・コミュニケーションズ社長 斉藤徹氏

 

私の講演CDが「日経トップリーダー3月号」とともに全国に配布されて

から、これまで多くの反響を頂き、4月はその対応で大忙しでした。

 

▼顧問契約

▼事業承継戦略コンサルティング

▼講演

 

のオファーを数多く頂戴し、日経ブランドに傷をつけないよう、

一件一件誠意をもって対応させて頂きました。

 

ある東京の経営者は、私の講演CDを何度も聞き直し、自分なりに

ポイントをまとめたとのことで、そのメモをパワーポイントでスク

リーンに映し出し、私の訪問を待っておられた方もいらっしゃいました。

__ (6)

 

ほんとうにありがたい限りで、税理士冥利に尽きます。

 

この講演収録当日の本番前に参拝した「神田明神」にも、先日改めて

御礼参拝に行ってきました。

 

この神社は、徳川家康が天下分け目の決戦「関ヶ原の戦い」に

出陣前に必勝祈願をした場所としても有名です。

昨年のドラフト会議当日に阪神タイガースの和田監督が参拝して、

その後ドラフトの目玉の藤浪投手を引き当てたという報道を見て、

この神社の存在を知りました。

__ (5)

 

ブロック優勝の決勝戦を控える息子のために「勝守」を買い、

息子の野球バッグに付けて試合に臨ませたところ、このご利益

があり、チームは勝つことができました。

私にとっては公私にわたり「神田明神恐るべし」です。(笑)

__ (4)

『中小企業白書』(中小企業庁)によれば、「事業承継の相談相手」

として最多が税理士となっています。

統計データを見ても、税理士は中小企業の経営者にとって最も身近な

相談相手であることがわかります。

男43歳。私も税理士の使命を全うできるよう、ガンガン仕事していき

たいと思います。

今日も【社長業】を楽しみましょう!