こんにちは、神戸の税理士の岩佐孝彦です。

8月に入りましたが、

私たち中小企業経営者にとって今現在のトレンド用語は「人手不足」。

ここ最近の日経新聞記事を見ると…

「有効求人倍率、6月は1.10倍に上昇、22年ぶりに高水準」

「3割がバイト確保できず、リクルート人手不足調査」

「人手不足 業績を圧迫」

という見出しが目につきます。

多くの企業がいま、採用活動に躍起になっています。

 

ただこうした現象は裏を返せば、あらゆる組織で新陳代謝が起こっている

ことを示しているのかもしれません。

 

▼人材の新陳代謝のない会社は売上は伸びない

という理があります。

現実には同じ人が長く居座るより、
人が入れ替わった方が社内は活性化します。

そして、社内が活性化すれば、売上は伸びていくのです。

 

経済誌フォーチュンで「20世紀最高の経営者」に選ばれた、ジャック・ウェルチ氏

はこんな言葉を残しています。

 

「事業成長がし続けるには、毎年ボトムの5~10%の社員を入れ替えなければ

ならない。」

 

そして、彼は以下の「人材観マトリクス」を提唱しています。

 

<従業員区分>                <行動>  <考え方>

*A … 行動も価値観もよい人         〇       〇

*B … 行動はダメだが価値観はよい人     ×      〇

*C … 行動はよいが価値観がダメな人     〇        ×

*D … 行動も価値観もダメな人         ×      ×

 

<上記4人をどう評価するか?>

*A … 会社の将来を担ってくれる人材

*B … 有能な人材をつければ花開く人材

*C … 即座に辞めてもらうべき人材

*D … ゆっくり辞めてもらうべき人材

 

う~ん、さすが世界の名経営者のお言葉は深いですね。

特筆すべきは、(C)の人材の評価として「即座に辞めてもらうべき人材」

としている点です。

能力は高いけれども、熱意がなかったり、考え方がマイナスな日の存在は、

仕事の結果が出ないばかりか、能力が高ければ高いほど、周囲に悪影響を及ぼす

からです。

 

中小企業の経営者の悩みは詰まるところ、お金の問題か、人の問題に尽きます。

特に人の問題として、中小企業は人数が少ないので、会社の方針に従わなかったり、

価値観の違う人間がいると、会社全体がおかしくなっていきます。

逆に価値観が同じ人間の集団になれば、会社全体が明るく活発になり、社長も

自由自在に動けるようになり、事業が成長軌道にうまく乗っていけるのです。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする