こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

先日、神戸の顧問先様の経営計画発表会に来賓として、

参加しました。

私どもと顧問税理士契約を頂戴後3年連続での参加となります。

 

そして、最後に以下の通り講評を述べさせて頂きました。

……………………………………………………………………………………………

皆さん、こんにちは!

●●社長を初め、✖✖社の社員の皆さま、またご参列の

取引金融機関の皆様におきましては、いつも大変お世話になり、

厚く御礼申し上げます。

 

さて、✖✖社におきましては、2008年の創業以来、この4月で

丸10年という大きな節目をお迎えになられ、敬服の限りで

ございます。

 

私も仕事柄、多くの企業様の財務内容を見ておりますが、

経営も人生同様、山あり谷ありでありまして、

売上を上げ続けることはなかなか難しいものがあります。

しかし、✖✖社におきましては、10期連続増収、売上を

毎年右肩上がりで伸ばし続けていらっしゃいます。

これはまさに「言うは易し、行うは難し」です。

 

なぜ、✖✖社は毎期安定して売上を上げ続けることができる

のか? その疑問が今日改めて理解できました。

それは、前期のプラス要因及びマイナス要因など、しっかり

分析がなされており、Plan ⇒ Do ⇒ Check ⇒ Action の組織

風土がきちんとできていらっしゃることです。

これもひとえに●●社長の経営手腕の賜物であり、素晴らしい

の一語に尽きます。

 

 

また、顧客別売上予算には毎期感銘しております。

例えば、A社は従来からの重要取引先として、更に伸ばす。

一方、前期で予算を大きく下回ったB社は予算を下げ、

同じくC社はほぼ前年並みをキープ。

このように大変メリハリの利いた販売予算を設計されて

います。

 

 

800億円の赤字だったコマツを世界シェアNo1の建機メーカー

に育て上げ、名経営者として名高い坂根正弘氏。

坂根氏の掲げた『ダントツ商品・ダントツ経営・ダントツ

ソリューション』は有名です。

坂根氏は「ダントツの強みを磨くには、最初に何を犠牲にする

か、あらかじめ決めておくべし」と言われています。

そのトップの決断が「これだけは絶対に他社に負けない」と

いう強みを磨くのだということです。

恐らくA社におきましては、✖✖社の他社に絶対負けない

ダントツの強みが活かされていらっしゃると思います。

ただ一方で、●●社長もおっしゃったように、特定少数の

上得意客に依存した収益モデルは本来理想ではなく、

売上のウエイトも将来的にはもっと下げていきたいとのこと

ですので、他の営業部や海外事業部の今後のご尽力に期待

したいと思います。

 

 

また、創業以来の管理方針『3ない』つまり、在庫ない・

手形ない・先に払わないという守りの戦略は、取引金融機関

におきましても、大変高い評価を頂いておりまして、

これが今日の✖✖社の健全な財務体質の礎になっています。

 

 

本日の計画数字は決して“絵に描いた餅”ではなく、

必ず達成可能な数字であるとお見受けしました。

2020年の経営ビジョン実現へ向けて、第11期に実りある

成果を達成され、✖✖社の益々のご発展の道を歩まれること

を祈念しまして、私の挨拶のしめくくりとさせて頂きます。

……………………………………………………………………………………………

 

 

今月はお盆明けにもう1件、顧問先様の経営計画発表会に

来賓として参加する予定があります。

成長意欲の高い、素晴らしいクライアントとご縁を持てて、

顧問税理士冥利に尽きます。

このたびはありがとうございました。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする