こんにちは、JR大阪駅前のTFPグループの

税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

長友選手が稲盛さんの著書から感銘を受けた言葉。

「心が呼ばないものが
自分に近づいてくるはずがない」

:
:
:

戦前の日本の大富豪で、この言葉を実践した人物。

その一人が、梅屋庄吉。

梅屋庄吉の心が呼んだのか、
彼を引き寄せた中国人がいました。

その名は、孫文。

そうです。あの中国の革命家です。

梅屋庄吉は、日本で始まったばかりの映画ビジネスで

巨万の財を成しました。

中国の革命家と、長崎生まれの野心的な実業家。

お互いまだ20代だった二人が出会ったのは1895年。

写真の技術を学んでいた梅屋は、
シンガポールで写真館を開いた後、香港に移り住み、

『梅屋照相館』を営んでいた。

この写真館で出会った二人は、東洋平和の実現をテーマに
夜遅くまで語り合った。
「中国の未来のためには、
革命を起こし、清朝を倒すしかない」

そう話す孫文に対し、梅屋はこのように言ったのは有名な話。

……………………………………………………

君は兵を挙げたまえ。

我は財を投げて支援す。

……………………………………………………

梅屋はこの言葉を生涯守り通したそうです。

自ら稼ぎ出した巨万の富を孫文に送り続けました。

孫文の革命運動を資金面で支え続けたのです。

外国の革命家に事業で稼いだ資金のほとんどを寄付する。

そんな経営者が現代の日本の中で、
果たしているでしょうか??

:
:
:

美女4000人に30億円を寄付した(貢いだ)?

紀州のドン・ファンのご逝去は最近話題になりました。

このように、美女のパトロンはごまんといる??

しかし、外国の革命家のパトロンは彼だけでしょう。

私(岩佐)のような庶民は、革命家どころか美女も含め、

誰のパトロンにもなれませんが…

(笑)

 

梅屋と孫文の友情の間には、
日本と中国といった国民国家の感覚を超え、

志を同じくする二人で、
何か新しい世界を作り上げていく。

そんな共感があったのでしょう。

『革命をプロデュースした日本人評伝 梅屋庄吉』

この著者の小坂文乃氏はこう語ります。

……………………………………………………

梅屋は確かに孫文に巨額のお金を
投じました。

ただそれは孫文のためではなく、
欧米列強から日本とアジアの文化を守り、

東洋の平和を実現するためでした。

全ての財産を投げ打ったのも、
自分自身が叶えたかった夢だったからこそ、

彼は孫文を通して、
自らの夢を実現しようとしたのでしょう。

……………………………………………………

彼の革命への援助は単に金持ちの道楽ではなく、

彼自身が全身を投げ打って行った必死さゆえのものでした。

それは教条的な必死さではなく、
人間としての存在を賭けた必死さ。

私(岩佐)は経営者の端くれとして、
梅屋庄吉の生き様に感銘を受けます。

なぜなら、経営も同じだからです。

 

 

『一度やり始めたら、何があっても本気になって、
最後までやり抜く』

 

 

そんな必死さがなければ、
ビジネスを成功させることなどできません。

梅屋庄吉の情熱を爪の垢を煎じて飲ませて頂きます。

 

一度やり始めたら、何があっても本気になって、
最後までやり抜く。

 

 

経営におけるお金の世界でそのシンボルとなるのが、

 

『自社株(=出資持分)』

 

でしょう。

創業者が志を持って、事業をスタートさせる。

なけなしの資金をはたいて、ビジネスを始める。

まさにゼロを1にする作業。

そんな創業時に狼煙を上げたシンボル。
それが、
『自社株(=出資持分)』

です。

志を持って創業し、本気でビジネスに取り組んだ結果、
組織が成長軌道へ。

健全経営を実現し、繁栄の道を歩む。

その結果、自社株の評価が跳ね上がる。

そして事業承継に際し、
次世代への相続税の問題が生じる。

このような事態が社会問題化する中で、
色んな施策が近年打ち出されています。

その大きな目玉が、

 

▼納税猶予制度(事業承継税税制)

 

です。

一定の要件を満たせば、自社株(=出資持分)にかかる
相続税&贈与税を猶予&免除してあげましょう。

そんな国策です。

中小企業においては平成21年度税制改正で創設。

しかし…

平成21年創設以来平成28年3月までの
認定件数は以下の通り。

 

▼贈与税 626件

▼相続税 894件

 

 

あまり活用されていません。

また、医療法人の場合、『非営利性』という大義名分があります。

そのため、納税猶予制度も一般の事業法人と違う取扱いです。

平成19年4月1日【以後】設立の医療法人の場合、

【持分なし】法人

に強制的に該当するため、このような相続税の問題は無関係です。

(近年新規設立の医療法人の先生方はご安心を!)

一方、平成19年4月1日より【前】に設立された医療法人の場合、

【持分なし】

に移行の認定OK。

こんな制度が医療法人の【納税猶予制度】

として平成26年度税制改正で創設。

しかし…

平成26年10月から平成28年9月末日
までの2年間の申請実績は以下の通り。

 

 

▼認定を受けた医療法人  61件

▼持分放棄が完了した法人 13件

 

 

医療法人も一般の事業法人同様、国策が活用されていません。

ここで興味深いデータを紹介しましょう。

医療法人理事長の持分なし移行アンケートの結果です。

日本医師会調査によれば、1000件以上の医療法人のうち

約62%は持分なしに移行する予定なしと回答。

その理由は以下の通りでした。

 

 

▼出資持分はオーナーシップの源泉であり、
放棄するつもりなし

▼相続税を支払っても、
医療法人を子孫に承継させたい

 

 

ドクター先生のこのような回答を見ても、

【自社株(=出資持分)】は創業オーナーファミリーにとって、

【特別で崇高な“財産権”のシンボル】と言えるでしょう。

ただ従来の納税猶予制度は、使い勝手が悪いものがありました。

よって、実際の申請件数は、伸び悩みを見せていました。

そこで、政府も現状打破のため、
納税猶予制度の要件を緩和しました。

 

 

▼一般の事業法人 … 新事業承継税制

(平成30年1月1日より)

 

▼医療法人 … 認定医療法人制度改正

(平成29年10月1日より)

 

 

上記の要件緩和の詳細については割愛しますが、

デメリットも一部あるため、
諸手を挙げて推奨できる制度とは言えない。

そんな側面もあります。

 

 

孫文にはこんな名言があります。

……………………………………………………

世間でいう成功者とは、
一時の栄えにすぎない。

志と正義を持つ者こそが、
万世にわたる功績を成す。

……………………………………………………

「金持ち三代続かず」とは一線を画す。

創業ファミリーが代々繁栄の道を歩む。

そして、
公器として法人の永続的発展を通じ、

万世にわたる功績を残していく。

これが経営者として、

『一度やり始めたら、何があっても本気になって、
最後までやり抜く』

という究極の目指すべき姿でしょう。

梅屋庄吉は自分の手で、孫文という人を永遠化し、

万世にわたり彼の功績を残したかった。

そんな思いを込めて、孫文の死後も彼の銅像を造ることに
長い時間と労力をかけたそうです。

素晴らしいエピソードに敬礼!

 

 

以上のように【自社株(=出資持分)】は、

創業オーナーファミリーにとって、

 

 

【特別で崇高な“財産権”のシンボル】

 

 

ではありますが、

先代時代に多方面へ分散しているがあまり、
次世代に禍根を残している。

そんなケースも経営の現場では散見されます。

いわゆる自社株の分散傾向にあるのは、

 

 

【たわけ者(=田分け者)】

 

です。

広辞苑ではこう書かれています。

「たわけ者とは、馬鹿者、ふざけた者」

たわけの語源は元来『田分け』と書きます。

子供の人数で田畑を分けると、孫や曾孫の代に

受け継がれていくうちにそれぞれの持つ田んぼの

面積は狭くなる。

その結果、少量しか収穫できず、家系が衰退する。

このような方法で財産を相続することを愚かとみなし、

たわけ者と呼ぶようになったとか。

自社株は特別な崇高な財産権のシンボル。

安易な分散は禁物です。

田分け者にならないようにご注意を!

 

 

『金持ち三代続かず』の壁を見事に突破!

そんな名経営者が星野佳路氏。

星野リゾート4代目社長です。

3代どころか、4代目として、
社員数2000人を超えるガリバー企業へ。

1904年に創業した軽井沢の温泉旅館
を見事なまでに成長させました。

『星野リゾートの教科書』(日経BP社)

この書籍の中で、こんな記述があります。

……………………………………………………

どんな経営者もいつか会社を去る日が
やってくる。

会社を次の世代に引き継ぐとき、

▼潤沢な資金力

▼素晴らしい事業モデル

▼魅力的な組織文化

が揃っていれば、理想的かもしれない。

しかし、これらを残すには、
経営者として成功することが必須である。

成功を目指して全力を尽くしても、
経営者には様々な条件が絡み合い、

そこには運の要素も含まれている。

誰もが事業を成功させ、
後継者に対して多くのものを残せる
わけではない。

そんな中で自分が確実に残せるのは何か。

星野社長は答えを探した。

そして、気づいた。

経営者としての姿勢を残すことはできる。

堂々とした生き方を示すことが

『最大の遺産』

になると。

……………………………………………………

素晴らしいお言葉ですね。

残せるお金の大小はあっても、
経営者なら誰でも残せるものがある。

相続税対策でお金を残すことは大切です。

しかし、そんな税金対策より、
もっと重要なのは…

経営者としての【生き方】を残すこと。

しっかり肝に銘じたいと思います。

:
:
:

梅屋庄吉が生涯を通して、信条とした言葉があります。

 

 

『富貴在心

= この手によって造らざる富は多しといえども

貴むに足らず』

 

 

この言葉の意味は、人の価値というものはお金持ちであるか
どうかではなく、その心の中にある、

というものだとか。

実際に大富豪になった人物が言うと、
とても説得力があります。

サッカーW杯日本代表の長友佑都選手は、

著書の中でこう言います。

 

……………………………………………………

こんなことを繰り返していて、
世界一になるのは一体いつの日のことか。

そう打ちのめされかけたとしても、
人生とは結局、

「今日一日の積み重ね」

「いまの連続」

だと考えて、
懸命に真剣に生きていくことが大切だ。

……………………………………………………

 

次のポーランド戦で予選突破を決めること
を期待しています。

一日一日の積み重ねの結果、お金は残せなくても、
誰でも残せるものがある。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする