こんにちは、TFPグループ代表の

税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

中小企業の後継者が次世代経営者として今、お手本にすべきは、

この人でしょう。

 

▼星野佳路氏(星野リゾート4代目社長)。

 

星野リゾートは1904年、軽井沢の温泉旅館から出発。

星野氏が4代目に就任した1991年当時は、
軽井沢だけで事業を営む中小企業でした。

それが今や、グループ社員2500人の一大企業へ。

売上高は非公開とのことですが、
見事なまでの事業発展を実現されています。

あの芸術的な旅館やホテルの空間は、
星野氏の天才性から生まれているのか??

 

『星野リゾートの教科書』(日経BP社)。

 

この中で、星野氏はこう述べています。

……………………………………………………

私は社長就任以来、
経営学の専門家が書いた教科書に学び、

その通りに経営してきた。

社員のモチベーションアップも、

サービスの改善も、

旅館やホテルのコンセプトメイクも、

すべて教科書で学んだ理論に基づいている。

なぜなら、経営判断を誤るリスクを
最小にしたいからだ。

囲碁や将棋の世界に定石があるように、
教科書に書かれている理論は、

「経営の定石」である。

経営判断の根拠や、
基準となる理論があれば、

行動のぶれも少なくなる。

自分の下した判断に自信が持てる。

社員にも自信を持って、
判断の根拠を明快に説明できる。

しかし、基準を持たない経営では、
すぐに良い結果が出ないと、

「自分の判断が
間違っていたのではないか」

と疑心暗鬼になってしまう。

それが経営のぶれを生む。

……………………………………………………

上記でいう『教科書』とは何か??

書店で平積みになっている、人気のビジネス書ではありません。

米国のビジネススクールで教える教授陣が書いたものだそうです。

 

「ビジネスを科学する」

 

という思想の下、数多くの企業を対象に
手間と時間をかけて事例を調査し、

そこから『法則』を見つけ出し、理論として体系化している。

そのため、学問的に証明され、一定条件のもとで正しさは

お墨付きだとか。

:
:
:

星野社長が参考にされた一冊。
例えば、

 

『競争の戦略』(ダイヤモンド社)

 

があります。
マイケル・E・ポーターによる古典的な名著として有名です。

星野社長は、ポーターの理論をこのように評しておられます。

……………………………………………………

それまでの経営書は、
お客様の視点に立ったマーケティングを
強調するものが多かった。

そんな中で、
ライバルの動向こそが重要という
ポーターの理論は目からウロコで、

強く印象に残った。

……………………………………………………

ポーター理論は、ライバルとの競争環境を踏まえながら、
戦略を組み立て、徹底する意義を強調する。

そして、企業がライバルとの競争で
取るべき戦略を3つに分けています。

 

▼コストリーダーシップ

コスト競争力で優位に立つ戦略

 

▼差別化

競争相手との違いを前面に出す戦略

 

▼集中

特定の領域に自社の経営資源を集めて
ライバルに勝つ戦略

:
:
:

それでは、星野社長はこの理論を参考にし、
どんな戦略を展開したのか??

机上の理論だけでなく、どのように
実際の経営戦略に落とし込んだのか??

皆さんとシェアしたいと思います。

 

例えば、高級旅館『華仙亭有楽』。

島根県松江市の玉造温泉にあり、
2007年より星野リゾートが運営。

玉造温泉には約20件の旅館がある。

客室数50~100室の中・大規模な旅館が並ぶ。

同じような旅館が多く、宿泊代の値引き競争が激しいとか。

これに対し、『華仙亭有楽』は客室数24の小さな旅館。

個人客にターゲットを絞った高級路線で収益力を高めている。

有楽はかつて、どこにでもある中規模旅館だったとか。

ターゲットを絞らず、団体客と個人客の両方を受け入れた。

その結果、価格競争に巻き込まれ、経営が行き詰まった。

星野リゾートは、有楽の再生に着手。

新しく打ち出した競争戦略に従い、客室数を半分に減らし、

全客室に露天風呂を備えるなど、高級化戦略を推進した。

ターゲットを絞ることで、運営は効率化され、

コストも下がった。

:
:
:

「教科書の理論なんて、机の上でしか通用しない」

と思う人がいるかもしれません。

しかし、星野リゾートの経営はまさに「教科書」通りだとか。

有楽の再生には、ポーターの理論を大いに参考にし、
忠実に従ったそうです。

星野社長は本当に読書家でいらっしゃいます。

有楽の再生戦略は、全国の中小企業の参考になるでしょう。

経営資源の乏しい中小企業が大企業のマネをして、

『コストリーダーシップ戦略』

で薄利多売に走るべきではない??

星野社長の爪の垢を煎じて、私(岩佐)も経営理論の勉強を通じ、

経営判断を誤るリスクを最小にしたいと思います。

学生時代に学校の教科書を真面目に勉強しなかったので…(汗)

これからちゃんと勉強します!

(笑)

それでは、お金の話で経営者が勉強すべきこと
は一体何なのか?

「これはどの勘定科目にすべきか?」

「この取引の仕訳は、
借方と貸方をどうすべきか?」

こんな話ではありません。

経理担当者が学ぶべき話であって、
経営者に必要なお金の話ではありません。

会計事務所にアウトソーシングしておけばよい話。

経営者が学ぶべきお金の勉強は、

 

▼どこに手を打てば、利益が出るのか?

 

です。

 

 

厚労省の助成金で考えてみましょう。

▼人事評価改善等助成コース
(人材確保等支援助成金)
https://roumu-management.com/subsidy6.html

⇒ 平成29年度新設

▼設備改善等支援コース
(人材確保等支援助成金)
https://roumu-management.com/subsidy5.html

⇒ 平成30年度新設

 

上記2つはまさに新しい助成金です。

ただ共通して、こんな要件があります。

 

▼1年後に賃上げを【2%以上】行うこと

 

 

色んな要件がある中で、最大のネックになるでしょう。

 

社員は「人件費を増やしてほしい」。

経営者は「利益を増やしたい」。

 

この相反する両者の思いは両立できるのでしょうか??

経営者からすれば、もし両立できないのであれば…

人件費が2%アップした分だけ、
利益を圧迫することになるだけ。

人件費は固定費だ。

よって、この助成金は使えない。

そんな結論に至るでしょう。

 

ただ…

 

▼Aプラン

人件費が2%アップしても、
営業利益が12%アップ

 

 

▼Bプラン

人件費が2%アップしても、
営業利益が17%アップ

こんなプランなら、
話は変わってきますね。

 

もしこのプランが可能なら、

▼社員

▼経営者

の両者がハッピーになれます。

 

それでは、どこに手を打てばよいのか??

X社(サービス業)というこんな法人があるとします。

 

 

▼売上高 100

▼粗利益  80(粗利率80%)

▼人件費  48(労働分配率60%)

▼営業利益  5

 

 

この法人が2%賃上げする代わりに、
売上高が2%アップすれば、

 

▼売上高 102(2%UP)

▼粗利益  81.6(粗利率同じ)

▼人件費  48.96(2%賃上げ)

▼営業利益  5.64(12%UP)

 

になります。

(注)人件費以外の経費は同じと仮定

 

 

これこそ上記の【Aプラン】として、

▼人件費が2%アップしても、
営業利益が12%アップ

が実現するわけです。

 

 

つまり、粗利率80%の法人なら、経費は人件費だけ2%アップ。

その代わりに売上高を2%アップさせれば、

営業利益は12%も増えるのです。

ただ売上高を2%アップさせるのは、
ちょっときついかも…

そんなふうに考える経営者は、
次のプランはいかがでしょう??

2%賃上げする代わりに、

 

 

▼売上高1%UP

▼粗利率1%UP

 

 

をしたとします。

すると、以下のようになります。

 

▼売上高 101(1%UP)

▼粗利益  81.81(粗利率1%UP)

▼人件費  48.96(2%賃上げ)

▼営業利益  5.85(17%UP)

 

これこそ上記の【Bプラン】として、

 

▼人件費が2%アップしても、
営業利益が17%アップ

 

が実現するわけです。

売上高1%アップなら、
ちょっと訪問回数を増やせばクリア??

粗利率1%アップなら、粗利率の高い商品を力を入れて、
宣伝していけばクリア??

 

 

【全員営業】

 

 

このスローガンを掲げれば、絶対に実現可能です。

こうなれば、賃上げ2%は痛くありませんね。

:
:
:

このような状況の中で、

 

▼人事評価制度を新たに導入

▼設備投資(175万円以上)

 

を合わせて実行すれば、助成金受給チャンスも生まれます。

賃上げしても、キャッシュフローは劇的に向上します。

上記の仕組みは私どもでは、

 

【未来会計図表】

 

として、顧問先様に対し、経営成績報告ツールとして使用中。

経営者の仕事は、

【社員に未来を見せる】

 

ことです。

社員に未来を見せるために、未来会計図表を学ぶ。

これこそ、経営者に今求められる勉強である。

そんなふうに考えているのです。

星野社長はこう言います。

……………………………………………………

会社にはビジョンがなければならないし、

そのビジョンを実現するための
組織やチームには目標がなければならない。

しかし、それに連動する目標を
個人に設定するという発想は私にはない。

一人ひとりがノルマを背負わされている。

こんな状態は精神的にきついだろうし、
そんなもので追い込んでも、

大して働かないのは目に見えている。

……………………………………………………

賃上げする以上にみんなで利益を増やし、
社員も会社もハッピーになる。

そんなビジョンを掲げる経営者を
助成金は後押ししてくれています。

 

『貞観政要』で描かれた太宗の曾孫。

 

その名は、玄宗皇帝。

玄宗は即位30年後の晩年、

「安史の乱」

を引き起こし、王朝は滅亡寸前に。

この要因は何だったのか?

玄宗は天下泰平の安堵感からか緊張感が緩み、

絶世の美女「楊貴妃」との愛に溺れた。

これが玄宗の転落に拍車をかけたと言われています。

経営者は遊んでばかりいないで、
星野社長のように、しっかり勉強しないとダメですね…

(汗)

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする