こんにちは、大阪駅前のTFPグループの
税理士法人トップ財務プロジェクト代表の岩佐孝彦@税理士です。

日大アメフト部のタックルが社会問題化。

選手の謝罪会見の模様は、
NHKや民放各局が生中継されたとか。

世間を騒がせています。

何かの目的を達成するために…

相手選手を故意に傷つけていいのか?

度重なる反則行為が許されるのか?

組織のトップの在り方について、
本当に考えさせられる問題です。

……………………………………………………

人もし全世界を得るとも、
其霊魂を失はば、

何の益あらんや。

人生の目的は金銭を得るに非ず。

品性を完成するにあり。

……………………………………………………

これは、内村鑑三氏が書き記した、

『成功の秘訣十箇条』

の最後の言葉。

現代語に訳すと、こういう意味だとか。

『経営者にとって、事業を伸ばし、
収益力を高めるのは、

もちろん大切な役割である。

だが、経営者にとって、
一番大切にしなければならないのは、

お金ではない。

それは、品性である。』

 

日大タックル問題を通し、

われわれ経営者が改めて、
肝に銘じたい言葉です。

内村鑑三氏は、星野リゾート創業家が師と仰ぎ、

明治から昭和初期にかけて活躍した知識人。

キリスト教伝道者として、『代表的日本人』の著者。

内村氏は元来、星野社長の祖父の先生でした。

上記の『成功の秘訣』の原文。

これは星野リゾートが保管し、
軽井沢の内村鑑三記念館で展示。

だが、星野社長は幼少の頃から、
内村氏の著作物を読んでいても、

「正直言って、ピンとこなかった。

自分とは関係がないと
思っていた。」

しかし、1991年に4代目として、
星野リゾートの経営を引き継ぐ。

ここから星野社長にとって、
内村氏の存在が変わります。

『祖父の先生』から『自分の先生』へ。

そう昇華したそうです。

星野社長の経営手腕には、
目を見張るものがあります。

どこにでもある旅館を次々と高級旅館として再生。

こうした星野リゾートの現在の事業発展の根底には、

内村鑑三氏から学んだ

 

『品性』の理念があったのです。

 

先日の大阪産業創造館主催のセミナーの最後に

私はこうお話ししました。

 

「助成金はいわば、お上のお金です。

雇用保険料の財源から成り立っています。

つまり、崇高なお金なのです。

社員が汗水流して一生懸命働いてくれた結果、

得た売上のお金ではありません。

だからこそ、きちんとした理念をもって、

助成金を使ってほしいと思います。

決して、

損得勘定だけで助成金と付き合わないでほしい。

不正受給などもってのほかです。」

 

助成金とも『品性』をもって活用して下さいね。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする