こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの

岩佐孝彦@税理士です。

 

「春はセンバツから」

そう言われますが、
先日センバツ甲子園決勝戦が行われましたね。
大阪桐蔭高校、優勝おめでとうございます。

史上3校目の2連覇だとか。

夏の甲子園と比べると、
盛り上がりに欠ける感も否めないセンバツ。

ただセンバツには、夏の甲子園では、
決して味わえない醍醐味があります。

それは【21世紀枠】。

夏の甲子園は、厳しい地方予選を最後まで勝ち上がった
学校が自動的に出場権を得る。

ただ春は違います。

センバツという名の通り、高校野球連盟から

【選抜】された学校による大会であることが特徴です。

そして特別枠として『21世紀枠』の選考があります。
県大会ベスト16以上の成績を収めていることを条件に、

▼地域貢献性

▼自然災害などのハンディ克服

▼学業と部活動の両立

を考慮に入れ、全国で毎年3校が選ばれます。

 

 

「なんや、これ?」 相手チームの打者が驚く。

本来ならセンターに抜けようかという打球なのに…

遊撃手が正面でなんなくさばき、アウト!

なんと、遊撃手がセカンドベース後方に
守っているではありませんか??

3万3千人の観衆がざわめく。

 

 

「よし、レフト前ヒット! あれ?」

本来なら三遊間を抜ける打球なのに…

三塁線を大きく空けて、三塁手が三遊間に守っている??

記録はサードゴロで、アウト!

三塁側アルプススタンドの大歓声。

『Z』の人文字が大きく揺れました。

 

この光景は…

1回戦の膳所高校 vs 日本航空石川戦。

結局、試合は10対0で日本航空石川の勝利。

しかし、序盤の三回までは0対0。

全く互角の試合でした。

膳所高校の頭文字の『Z』。

▼帽子のZ

▼胸に刻まれたZ

Zのユニフォームの選手達の甲子園での

躍動ぶりは素晴らしかったです。

試合後、日本航空石川の中村監督は、こうコメントされました。

「本当に正面に行くことが多かった。

すごくはまっているなと、もやもやしていた。」

:
:
:
:

滋賀県有数の進学校である県立膳所高校。

今年の21世紀枠の最後の1枠として選ばれました。

データ野球を駆使。

グラウンドを198分割し、
相手打者の打球の落下地点を分析。

素晴らしい頭脳野球でした。

 

2018年の県立膳所高校の大学合格者数。

▼京都大学 61人(全国4位)

▼大阪大学 41人(全国8位)

▼神戸大学 29人

膳所高校、すごすぎる…

センバツに出場したエースのT君は京大志望とか。

 

 

 

2年前の21世紀枠で出場した、
兵庫の県立長田高校。

2018年の大学合格者数。

▼京都大学 25人

▼大阪大学 49人(全国5位)

▼神戸大学 54人(全国1位)

当時2年生で2年前に甲子園に出場
した生徒も上記の中に入っています。

息子に文武両道の良いお手本を見せて頂き、感謝!

 

そして、もっとすごい文武両道の高校があります。

 

1年前の府大会ベスト8。

惜しくも昨年の21世紀枠選考もれの
大阪の府立北野高校。

2018年の大学合格者数。

▼京都大学 84人(全国1位)

▼大阪大学 79人(全国1位)

▼神戸大学 26人

北野高校、恐るべし。

1949年のセンバツの優勝校とか。

再び、いつかセンバツに出てほしいですね。

 

また、今年のセンバツでは、滋賀の県立彦根東高校

も進学校として話題になりました。

2018年の大学合格者数。

▼京都大学 11人

▼大阪大学 17人

▼神戸大学 29人

今大会で参考記録ながら、
9回ノーヒットノーランを達成。

左腕エースのM君も京大志望とか。

プロのスカウトも絶賛しています。

究極の文武両道ですね。

 

 

こうした文武両道の
強くたくましい球児達を見ると、

本当に元気がもらえます。

日本経営合理化協会の「後継社長塾」を
20年間にわたり担当。

300人以上の後継者を熱血指導。

御年75歳の辣腕コンサルタントの
井上和弘先生。

井上先生のご著書の、

『会社を上手に任せる方法』

にはこんな記述があります。

…………………………………………………

私の実務経験から、
最適な後継者を選ぶ目の付けどころは、
次の要素しかないと考えている。

▼ゼニ儲けに強い

いくら情に強い人格者であっても、
ゼニ儲けができなければ、

ついてきた従業員を幸せにはできない。

▼健康でタフなこと

経営者は精神的にも肉体的にも
タフでなければならない。

親に財力ができ、
インテリの奥さんだったりすると、

幼少のころから名門幼稚園・名門中学に
入れようと学習塾選びには熱心でも、

頑強な体力づくりには関心を払わない
傾向がある。

幼少のうちは学力より優先させて、
まず体力をつけさせるべきである。

 

▼人見知りしないこと

経営者の仕事はさまざまな人間関係を
結ぶ仕事である。

よって、学力に優先させて、
ご近所の人たちや学校などで、

挨拶がきちんとできるように
しつけることである。

 

▼人を引っ張る力があること

幼少の頃より、地域の野球チームや
サッカーチームに入れたり、

ボーイスカウトのような団体活動を
経験させておくことが大事だ。

友達を作らず、ガリ勉の優等生には、
リーダーシップが育ちにくい。

こういう点で有名大学を出た優等生より、
むしろ暴走族のリーダーをしていたような
外れ者の方が統率力の面で優れている場合
があるほどだ。

 

▼人情に強い

経営者は従業員の上に立ち、
ご協力を得て、会社を引っ張っていく。

従業員も業者も、
トップを見て仕事をしている。

それには学歴も会社規模も関係ない。

この人のためなら努力を惜しまない
という情がなければならない。

…………………………………………………

私も親として耳の痛い話ばかり…(汗)

反省が多いです。

ただ上記の井上先生のコメントは、
的を射ているのでは??

そう思わせる報道が3月26日付の
日経新聞に記載されていました。

…………………………………………………

大塚家具は26日、東京都内で、
定時株主総会を開いた。

総会後に取材に応じた大塚社長は、

「経営は結果責任」

と述べたうえで、

16年から20%減額している
自らの役員報酬について、

今期中に、

「減額幅を40%にする」

と述べた。

参加した男性株主は、

「赤字の垂れ流し」

と現経営陣を批判した。

3期ぶりの黒字転換をうたう方針の
説明については、

「シナリオを読み上げているだけ
という印象。

今期は赤字幅縮小。

数年後にゼロにできれば、
良い方だろう。」

と切り捨てる株主もいた。

…………………………………………………

同じ一橋大学出身でも…

三木谷浩史氏と大塚久美子氏では、
経営手腕の差は大きいように見えます。

中高一貫の名門女子校出身の久美子氏。

県立高校で落ちこぼれだった三木谷氏。

井上先生のお言葉が裏付けられる結果
になっています。

久美子氏は5人兄弟姉妹の長女。

元々は久美子氏の弟で、
長男の勝之氏を将来の後継者として、

創業者の父勝久氏は考えていたようです。

久美子氏が社長就任前には、
長男の勝之氏が資産管理会社の株式
を50%保有。

未来の後継者として、
計画的に生前贈与を繰り返し、
50%の株を長男に持たせていました。

しかし、長男は名古屋芸術大学卒業。

芸術肌の青年だったようです。

結局、父勝久氏は決断します。
長男は次期社長にふさわしくないと。

久美子氏は大学卒業後メガバンク勤務時代、

父勝久氏に呼び戻される形で、
大塚家具の社長に就任しています。

その久美子氏が社長就任の条件として、
父勝久氏に突き付けたのは…

長男保有の50%の株式を
久美子氏を初めとする兄弟姉妹4人に
均等に分配する

というものでした。

これが大塚家具の父娘のバトルの根っこ
にあるのです。

久美子社長もある意味、
本当にかわいそうな運命です。

幼少の頃より、将来の後継者として、
育てられていなかったかもしれません。
もし長男が次期社長の器だったら…

今日の大塚家具の悲劇は、
生まれていなかったかもしれません。

『金を残すは下。

仕事を残すは中。

人を残すは上。』

後藤新平氏(政治家)の
かつての名言が胸に響きます。

:
:
:
:
:
:

このように考えると、

センバツ甲子園の21世紀枠で、
文武両道で躍動した球児たち。

本当に素晴らしい教育を受けてきた
と感心させられます。

何か“大物感”が漂っていますね。

わが家も爪の垢を煎じて、
飲ませて頂きます。

(笑)

 

 

今大会のセンバツでベスト8まで進出。
そんな強豪校の日本航空石川高校に対し、
データを駆使し、

セオリーを無視した、思い切った守備陣形で挑んだ。

そんな膳所高校の戦いぶりは、
孫子の兵法に相通ずるところがありました。

孫子の兵法にこんな言葉があります。

▼戦いは正を以て合い、奇を以て勝つ

この意味は以下の通り。

…………………………………………………

戦いは堂々と相手と対峙し、
奇策をもって勝つものだ。

…………………………………………………

 

これはすべての経営戦略に相通じますね。

膳所高校の『Z』のユニフォームは忘れません。

膳所高校の選手の皆さん、ありがとう!

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする