こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの

岩佐孝彦@税理士です。

 

先日、神戸のスタジオにこもり、2日間の収録作業を終えました。

5月頃に発刊予定の日本経営合理化協会CD教材、

『お金を残す社長の資産防衛の新常識』の5巻セットの収録です。

▼第1巻 今日の資産防衛の傾向と対策

▼第2巻 資産管理会社のかしこい設計法

▼第3巻 今すぐ“不”動産を動かしなさい!

▼第4巻 自社株対策の戦略思考

▼第5巻 金持ちが三代続く資産防衛モデルの事例研究

 

 

江戸時代儒学者の佐藤一斎の言葉。

……………………………………………………

「天はなぜ、私をこの世に送り出し、
何をさせようとしているのか。

自分はもともと、
天の所有物だから、

天の与える仕事(天職)があるはずだ。

この使命を果たさなければ、
必ず天罰を受ける」

と人間は考えねばならない。

……………………………………………………
実は出版の時も、
著者はこんな心境に至らなければならない。

そう言われています。

「天は岩佐孝彦という媒体を通じ、
この世に何を伝えようとしているのか?」

いかに邪念を捨て、無になれるか。

収録前の神社参拝で、
私(岩佐)もこう念じてきました。

出版には大きく2つのルートがあります。

▼商業出版

▼自費出版

商業出版とは、著者が出版社より印税を頂いて、
上梓するパターンです。

よって、書籍完成後は出版社も全面的に販促のご協力して頂けます。

本当にありがとうございます。

一方、自費出版とはどんな形態なのか??

著者が出版社にお金を払って、
本を作ってもらうパターンです。

自費出版の場合、出版社にとって

【顧客=読者】ではありません。

あくまで【著者=顧客】です。

よって、本が完成したら、
ビジネスはその時点で終了。

『バニティープレス(Vanity Press)』という言葉があります。

『Vanity = 虚栄心』

『Press = 出版』

という意味。

つまり自費出版とは、出版社が著者の虚栄心をそそり、
著者自身からカネを取ることでビジネスを成立させています。

私(岩佐)は今まで自費出版は一度も行ったことはありません。

そのような営業もすべて丁重にお断りさせて頂いてきました。

 

 

 

自費出版の形態では、
『天はなぜ、私をこの世に送り出し、
何をさせようとしているのか。

自分はもともと、
天の所有物である。』

という佐藤一斎の境地に至ること
はなかなか難しいかもしれません。

 

出版の真髄は著者にとって、
我欲を捨てる修業です。

自分よりも他人、
さらには神をどこまで愛せるか。

まさに自己鍛錬の旅に出るようなもの。

今日から新年度です。

スタートダッシュをかけるべく、お互い頑張りましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする