IMG_0672

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

 

今朝の日経新聞一面にこんな大きな見出しが!

 

『中小承継へ税優遇拡大 政府・与党 廃業増に歯止め』

 

これは朗報です。

来月発表予定の平成30年度税制改正大綱。

その中の目玉となる事業承継税制の骨子が明らかになりました。

 

▼対象株式

(現行)発行済株式総数の3分の2まで

(改正)全株

 

▼納税猶予期間

(現行)相続税:課税価額の80%、贈与税:課税価額の100%

(改正)増額を検討

 

▼雇用要件

(現行)雇用の8割以上を5年間維持

(改正)条件付きで撤廃

 

使い勝手がかなりよくなりそうです。

 

 

今話題のTBS日曜ドラマ『陸王』。

池井戸潤氏の名作ですね。

百年企業の四代目社長(役所広司演)が奮闘する、

中小企業の再生物語が描かれています。

 

 

このドラマを税理士として見ていて心配だったのは、

こはぜ屋の自社株対策でした。

(職業病ですいません、笑)

 

ランニングシューズ業界へ殴り込みをかけた新商品『陸王』

が大ヒットして、業績が急上昇すると…

 

自社株の“紙爆弾化”現象が起きるのでは??

 

もし宮沢大地君(山崎賢人演)が次期社長に就任したら、

自社株の贈与税が勃発するのでは??

 

 

でも、もし上記の改正が行われるなら、

事業承継税制で、こはぜ屋も安心できそうです。

(笑)

 

来月の正式発表をしっかり待ちたいと思います。

 

今日も社長業を楽しみましょう。

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする