IMG_0494

 

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦

@税理士です。

 

本日、高知に遠征し、開業医の顧問先のお客様に訪問してきました。

 

この先生はご自身、高校時代に野球部に所属され、見事に医学部に合格され、

文武両道を実践された方。

 

現在、高校球児で文武両道の道に悪戦苦闘(?)する愚息にエールのお言葉

を頂き、ありがとうございます!

 

 

さて、帰りは従業員へのお土産として、土佐小夏を手配。

高知は文旦で有名ですが、この時期は売っておらず、

貴重な柑橘系です。

(笑)

 

初めて食べてみましたが、みずみずしく、甘い味は最高でした。

 

 

そして最後は、若宮八幡宮へ参拝。

 

戦国時代に四国を統一したといわれる、

 

【長宗我部元親】

 

が初陣の際に、戦勝祈願で訪れたとか。

 

 

そして念願の【長宗我部元親初陣】の銅像へ。

 

いやあ、見事な出で立ち!

迫力ありました。

 

この銅像をずっと見たいと思っていたのですが、

やはり素晴らしかった!

 

 

私も地方遠征時には偉人の銅像をたくさん見てきましたが、

この銅像は秀逸でした。

 

 

迫力という点でいえば、甲府駅前の武田信玄公の銅像と

双璧です。

 

 

長宗我部元親は土佐の国人から戦国大名まで成長し、

一気に四国全域に勢力を広げました。

 

 

この当時の元親は、家臣の声を広く聞き入れる度量があり、

大変器の大きい武将だったとか。

 

 

しかし…

 

 

元親に大きな悲劇が訪れます。

 

 

豊臣政権時の島津征伐の際の戸次川の戦いで、

後継者として幼少のころから英才教育を施していた信親が戦死。

 

その後、英雄としての覇気を一気に失い、暴君と化す。

元親死後、長宗我部家は没落への道を辿っていくのです。

 

手塩にかけて育てた後継者を失った元親の悲しみを

思うと、胸が苦しくなります。

 

 

長宗我部元親公の光と影。

後継者の存在は、永続企業の道を歩むうえで、

やはり大きいものがありますね。

今日も社長業を楽しみましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする