IMG_0432

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクト

の岩佐孝彦@税理士です。

 

先日の日経新聞で、 フレッシュマンの春の陽気を一気に吹き飛ばす

記事が目に飛び込んできました。

中小企業の経営は【常在戦場】??

 

 

「人手不足 経済に打撃 生産性向上 急務に」

 

 

記事のリード文には、こんな記述がありました。

 

 

▼わが国は、世界でも類を見ない高齢国家への道 を歩んでいる

▼主要な働き手である生産年齢人口が大幅に減る 基調は変わらない

▼少子化対策や社会保障制度の改革、生産性向上策など、

 

 

思い切った手を打たなければ、 活力ある未来は展望できない

これはゆゆしき事態ですね…(汗)

一寸先は闇、次の瞬間に何が起きるかわからない。

一昔前には想像もできなかったような、
大企業であってもバタバタと倒れていく。

まさに【常在戦場】の中で、

私たちは経営の舵取りをしていかねばならない。

そんなことが読み取れる記事です。

 

 

 

「募集を出しているけど、全然ヒトが採れない」

そんな声をクライアントからも多く聞きます。

しかし、この現象は一過性のものではありません。

これから、ますます深刻になるでしょう。

人口動態から見て、もはや避けられませんね。

 

 

私たち経営者はいま、何をすべきか?
それは、

 

 

▼生産性向上

 

 

です。これしかありません!これは【国策】です。

 

 

実は、生産性をアップさせると…
何と、

 

 

▼助成金が割増

 

 

になることを知っていますか?

 

 

先日、厚生労働省より、 新年度の助成金の概要が発表。

例えば、人材開発支援助成金の場合、
通常47.5万円のところ、

【生産性要件】

を満たせば、助成金が割増になり、 60万円に!

 

 

その他、正社員化コース(キャリアアップ助成金)も、
通常57万円のところ、【生産性要件】を満たせば、72万円に!

 

 

今年度新設の人事評価制度改善等助成金も、
通常50万円のところ、【生産性要件】を満たせば、130万円に!

 

 

 

それでは、この【生産性要件】とは 一体何なのか?

以下の計算式で算定します。

 

 

 

A.営業利益

B.人件費

C.減価償却費

D.動産+不動産賃借料

E.租税公課

 

 

 

上記5つの合計額(A+B+C+D+E)を
雇用保険被保険者数で割った金額。

この金額が3年前に比べて、【6%以上】伸びている

ことが要件です。

生産性と言えば、一般的に【1人当り粗利益】をイメージ

しますね。

ただ助成金が割増になる【生産性】 は少し違います。

 

 

攻めの投資をした会社は、 この要件を満たす可能性大!

 

 

▼ヒトを増やし、人件費が上がった。

▼機械設備を購入し、即時償却した。

▼オフィスや工場を移転し、賃料が上がった。

▼業績が伸び、消費税の納税が増えた。

 

 

こうした現象が見られる会社は、
要件を満たす可能性が大きくなるのです。

そして、上記Bの人件費には●●●● も含みます。

これは朗報!

この点については、4月18日開催のセミナー で詳しくお話します。

………………………………………………………………

▼日時 … 4月18日(火)14~17時

▼場所 … 大阪駅前4ビル10階

(弊社オフィスのワンフロア下)

▼テーマ

《最新》 助成金・節税・資金調達説明会

~ 3時間で中小企業のお金の話が全部わかるセミナー
https://roumu-management.com/pdf/20170418.pdf

………………………………………………………………

20名限定で募集していましたが、定員に達しました。

定員オーバーになりました関係で、
一部お申込み頂いた方にお断りしている次第です。
申し訳ありません!

 

 

生産性をアップさせれば、 助成金を割増でGET!

こんなご褒美が国からもらえるだけでなく、

人手不足時代に対応した収益モデル確立
もできるのです。

今日も社長業を楽しみましょう!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする