51vm0v-09hl__ac_us160_

こんにちは! 大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

 

今日の一冊はコチラ!

 

『あなたの会社が最速で変わる7つの戦略』(神田昌典著)フォレスト出版

 

それでは、赤ペンチェックを見てみましょう。

 

 

▼死に向かう行進から、離脱せよ

生き残りをかけて頑張ろうとする会社は、残念ながらまず生き残れない。

その思考自体に、生き残れない原因があると、私は考えている。

なぜなら、過去からの延長線上の努力をすればするほど、あなたの会社は

辛く苦しくなるからだ。

 

▼頑張れば頑張るほど、事業規模は大きくなるけれど、経営は厳しくなっていく。

人口が減少していく経済下では、限界にぶつかる。物理的に顧客を集めるモデルで

は、未来に向けて成長する道筋を描き続けられなくなるのだ。

 

▼2020年以降は人口減に加えて、さらに…

これから会社は、過去からの延長で生き残るのではなく、むしろいったん死を

受け入れ、再生するぐらいの変化を遂げる必要がある。言い換えれば、未来に似合う

ビジネスへと完全に進化しなければならない。

しかも、その決断のタイミングがカウントダウンに入っている。

 

▼日本の人口は、2005年から減り始めたといわれるが、実は消費が最大となる50代

人口は増えていたので、総支出額は今も増え続けている。しかしそれも、2020年頃に

はピークアウト~人口だけでなく、使うお金の額がついに減少し始めるのである!

 

▼また同年までには、東京オリンピックに向けての特需も消えるから、景気を維持し

続けるためには、相当、大規模な経済対策の追加が必要になろう。

 

▼さらに2025年には、年齢構成上、最も人口が多い団塊世代(約800万人)がすべて

後期高齢者(75歳以上)となる。その結果、国民の5人に1人が75歳以上、3人に1人

が65歳以上という、人類が体験したことがない、超高齢化社会に日本は突入する。

 

▼それまでは、経営力を高めることにより、同じ地域で仲良く生き残れてきた

会社も、2025年以降は熾烈な食い合いを始める。既存の市場で残るのは、本当

に強い、ほんの一部の会社だけになっていくことは、火を見るよりも明らかである。

 

▼これだけの大変化は、江戸時代から明治時代へのシフト、太平洋戦争終戦前から

終戦後へのシフトに匹敵するほどだ。武士や軍人が役割を終えたように、たった10

年間で多くの職業が消えてなくなる。

 

▼これほどの歴史的変化がこの5年後から本格化する。だから、重要な問いは、

「どうしたら生き残れるか?」ではなく「これから5年のうちに、どうしたら会社

は生まれ変われるか?」なのである。

 

▼このように客観的に時代の趨勢を予想すれば、ひと昔前のビジネスに固執する限り、

生き残ろうとするのは、相当困難だ。しかし、生き残るから、生まれ変わるに思考を

シフトすると、とたんに肩の荷が軽くなり、可能性が一気に広がる。

 

▼エアビーアンドビー、ウーバーは、人が集まる「プラットフォーム」型の事業であり、

フェイスブックやインスタグラムは、広告が収益源となる「メディア」型事業。

そういった事業モデルがさらに進化すると、今度は、ペイパルやアリペイのような「マ

ネー」型事業へシフトするというのが、未来における事業進化のプロセスである。

 

▼未来の成功モデルは、過去の成功の延長線上にはない。

人口減社会でも成長を続けようとするならば、あなたの商品内容、営業方法、さらには

組織体制を、チャートの左側から右側へ-すなわち未来に似合うビジネスへ、急速に進化

させなければならない。

 

▼あなたの事業を最速で、未来に似合うように変えていくには、何から始めたらいいのか?

あなたの会社の強みを凝縮した商品(もしくは事業)を2つ選択するのだ。

なぜなら、1つの強い分野だけで戦おうとすると、あなたよりも強い会社が必ず現れる

からだ。

 

▼1つの強みだけにフォーカスすると、ナンバーワンになるのは難しいが、2つの強み

にフォーカスすると、その2つを同時に持っているライバルはぐっと少なくなる。

さらには、その2つを組み合わせて、1つのコンセプトに繰り上げると、あなたは

オリジナルな事業分野を生み出し、全く新しいジャンルで、ナンバーワンの座を短期間

で獲得する。これを私は「BABYMETAL戦略」と呼んでいる。

 

▼すでにあなたの会社にある強みを組み合わせると、未来に似合う新しい形が

浮かび上がる。

 

▼このように、今までつながらなかった両極端をつなぐことは、独自の商品や

事業を生み出すうえで、非常に強力だ。

 

▼2020年に総支出も減り始めるといったが、逆に見れば、2020年までは、

新しいビジネスを生み出すのに、これ以上はないというほど完璧なタイミング

だ。消費が旺盛な50代人口が増え続けるということは、その間に、彼らのニーズ

をとらえた新しいビジネスを多数、創れるのである。

 

▼知識以上に大切なものがある。それは挑戦する勇気だ。彼らは、どんなに辛い

時でも、先が見えない時でも、いつでも声を上げて笑っている。彼らは生き残ろう

とするのではなく、生きることをこのうえなく楽しんでいるのだ。

 

いやあ、私たち中小企業の経営者の心に刺さるフレーズです。

今日も社長業を楽しみましょう。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする