img_0292

こんにちは、大阪駅前の税理士法人トップ財務プロジェクトの岩佐孝彦@税理士です。

 

昨夜は東京の六本木ヒルズ51階のザ・クラブルームにて、母校の大阪市立大学の

経済界OBで構成される「柳光会」に新入会員として参加しました。

 

私の母校の先輩で、某上場企業社長の税務相談に対応させて頂いたことがきっかけで、

「柳光会」幹事の東証1部上場企業の商社「阪和興業」の古川社長より入会お誘いの

ラブレターを頂戴しました。

 

松下幸之助最後の弟子と言われたパナソニック副社長の佐久間氏、

コマツを社長としてV字回復に導いた坂根氏、ユニ・チャーム社長の高原氏、

ダイキン社長の岡野氏、ダイセル社長の札場氏、アシックス社長の尾山氏、

オリックス副社長の川中氏、そして大阪市立大学の学長兼医学博士の荒川先生など、

偉大なる諸先輩方が所属する「柳光会」のエネルギーを拝受し、身に余る光栄でした。

 

 

会の中では、新入会員の挨拶スピーチを仰せつかりました。

今回は偉大なる先輩を目の前にしても、不思議と全く緊張せずに話せました。

母校のコミュニティという“安全地帯”という安心感があったのかもしれません。

私の拙いスピーチ後も「素晴らしいスピーチだったよ」「立て板に水の見事な

挨拶に感動したよ」とあたたかいお言葉をたくさん掛けて頂きました。

実業界で出世されている方々は皆さん、懐が広くていらっしゃいます。(笑)

 

実は、私の過去を告白すると…

大学卒業時にゼミの教授のコネで、パナソニックの経理部に内定が決まっていました。

しかし、第一志望の大学に行けなかった悔しさが入学してからもずっと消えませんでした。

 

「普通のサラリーマンでは終われない…」

 

パナソニックの内定を蹴って、税理士として起業を志しました。

もし30年前に第一志望の大学に合格していたら…

それに満足して、今はサラリーマンの道を歩み、出世することもできず、

居酒屋で上司に対する不平不満を口にしながら毎日を過ごしていたかもしれません。

そして、今日の偉大なる諸先輩方とお目にかかることもありませんでした。

「人生万事塞翁が馬」ですね。

 

大阪市立大学商学部の偉大なる先輩の一人で、昨夜も来られていた、アシックス社長

の尾山氏の名言があります。

 

「スポーツは一人でやろうが、チームでやろうが、ファイティングスピリットが

なかったら、無理です。なんぼ上がチャレンジしろと言ったって、本人の気持ちが

最初に行かなくちゃ、チャレンジもできません。」

 

私もこのお言葉を胸に、ファイティングスピリットを常に持ちたいと思います。

税理士として日々精進していきます。

偉大なる諸先輩方、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする