税理士版セカンドオピニオンは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(税理士版セカンドオピニオン/神戸市)

税理士法人トップ財務プロジェクト
  • リンク
  • サイトマップ
  • 特定個人情報保護方針
事例C新規採用に関する相談
Question.メール受付内容
税理士法人トップ財務プロジェクト 御中

いつもお世話になっております。
○○の××です。

先日退職した△△さんの補充で、優秀な新卒のDHの採用が決まりました。

ただ今回求人募集をしていたところ、新卒の女医さんが是非働きたいと言ってきました。
先日も院内を見学に来て、大変勉強熱心な姿勢を見せています。

女医さんの給料にもよりますが、今のままの診療形態では新しく2人の常勤を雇うのは人件費が高くなりすぎてリスクがあると思っています。でもできたら雇いたい…

最近、自分一人ではちょっとバタバタしてしまうことが時々あります。
ドクターが2人いると余裕がある診療が出来るし、質も格段に向上します。

そこで、診療時間を延長するとか、日曜診療を再開するなどして、収入をアップさせ、人件費を賄う作戦で考えております。

診療収入は月75〜105万円アップを見込んでいます。

最近、新卒のドクターの給料はかなり低下しているらしく、衛生士とそんなに変わらないようです。
本人も実家から通勤することもあり、給料は第一に考えておらず、基本的な 診療技術を身につけることを第一にしているとのことです。ですから、特に初期の研修段階では給料を安く設定してもいいのかなと思っております。

以上、岩佐先生のご意見、アドバイスを頂けたら大変助かります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

税理士版セカンドオピニオン!節税対策・事業承継・経営サポートは神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ!

Answer. 相談内容に関する回答
○○先生

いつもお世話になっております。
お問合せの件、ご回答いたします。

新卒の女医さんについては、なかなか勉強熱心でハングリーな方のようですので、ローコストで採用し、
○○先生の診療方針を教育するには、最高の人材だと思います。

また医院を実際に見学されて、是非働きたいということですので、
ほんとに○○先生の診療理念に惚れ込んでおられるようですので、素晴らしいと思います。

ただ2人の新規採用を一気にするのは、やはり慎重に検討して頂く必要があります。

私の考える最終検討チェックポイントは以下の2点です。

◎<ポイントその@> 労働生産性からのチェック

診療時間の延長により、75〜105万円の収入アップが見込めるということでございますが、
歯科医院の健全経営ベースの人件費率20%程度で新卒女医さんの人件費が賄えるかどうか。

つまり、例えば105万円×20%=21万円程度の人件費でほんとにいけるのか。

衛生士とそれほど変わらない給与でOKということですが、やはり最初の3ヶ月間は「試用期間」ということで、初期の研修期間を衛生士レベルよりも低い条件で勤務可能という返事がもらえるか。

ここがポイントかと思います。

◎<ポイントそのA> 院長先生の人材教育負担増の懸念

今月下旬に採用が決まったDHが新卒の方でいらっしゃるというのが、
上記の労働生産性よりもネックかと存じます。

私が色んな経営の現場を見ている中では、新卒の人間が2人同時に入職となると、
結構教えるのに手間暇かかります。

ヒヨコが2匹になると、スタッフを含め院内の混乱が懸念されます。

また女性スタッフの場合、結婚や出産による退職が宿命です。

ただ新卒の場合、ある程度は長く働いてもらえると計算できるかもしれません。

だからこそ、インスタント方式ではなく、医院の診療理念を徹底させ、
手塩にかけて育成する必要があります。

DHの新卒の方を現在所属のDHから教育することが可能であれば、
院長先生は女医さんの教育にある程度専念できると思います。

ですから、現在のDHがどこまで院長先生の片腕的存在のレベルに到達されているかが問題となります。

一般論で言えば、開業5年を経過しませんと、真のチーム医療を追求した強い組織体制ができないことが多いです。

よって、人材教育面で「ニ兎追うものは一兎も得ず」という状態にならないかどうか、
この点が懸念材料になります。

○○先生は従来より年輪のごとく、地に足つけてじっくり医院を成長路線に持っていかれるという経営理念でいらっしゃいましたので、一挙に新卒2名採用ということが、せっかくの素晴らしい路線から外れることにならないかが私としては懸念事項でございます。

以上の検討事項を熟慮頂き、問題なくクリアできるというご判断であれば、このまま女医さんの採用ということでよろしいのではないでしょうか。

敢えてブレーキ役を買うべく、懸念事項を列挙させて頂いた次第でございます。
以上、よろしくお願い致します。

神戸市/東京都で会計事務所をお探しなら税理士 岩佐孝彦が経営する神戸の税理士法人トップ財務プロジェクトへ!
節税対策/事業承継/経営サポート

トップページへ

岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書1
  • 岩佐孝彦 著書2
  • 岩佐孝彦 著書3
  • 岩佐孝彦 著書4
  • 岩佐孝彦 著書5
メディア掲載実績

大阪 税理士
大阪市の会計事務所
税理士法人
トップ財務プロジェクト

 
大阪市・東京都の会計事務所/税理士法人トップ財務プロジェクト 大阪 税理士/岩佐孝彦
(C)税理士法人トップ財務プロジェクト