税理士版セカンドオピニオンは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(税理士版セカンドオピニオン/神戸市)

税理士法人トップ財務プロジェクト
  • リンク
  • サイトマップ
  • 特定個人情報保護方針
事例@システム投資に関する相談
トップページ > 税理士版セカンドオピニオン > Eメール対応の弊社の相談対応事例 > 事例@システム投資に関する相談
Question.メール受付内容
税理士法人トップ財務プロジェクト 御中

こんにちは。●●の××です。
いつもCD送付頂き、ありがとうございます。

早速ですが、1点御相談です。
ご意見を頂ければ幸甚です。

期首から3カ月が過ぎ 何とか凌いでいる状況です。
経費の切り詰めも実施しておりますが、現状維持にもお金がかかります。

例えば、システム容量不足が懸念されて更新が必要となりました。
また、他のシステムも同様に古くなったためいつ使えなくなるか分からない状態にまで来ています。
よって、システム1と2に各80万円必要となり計160万の投資をします。

またこれ以外にも、車両(トラック、軽車両)の買い替えが必要となりそうです。

必要な投資とは理解していますが、リースや中古などの考え方などのアドバイスを頂ければ光栄です。

以上、よろしくお願い申し上げます。

税理士版セカンドオピニオン!節税対策・事業承継・経営サポートは神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ!

Answer. 相談内容に関する回答
××社長 様

いつもお世話になっております。
お問合せの件に関しまして、ご回答いたします。

車両(トラック、軽車両)の買替えの理想形は、結論から申し上げると、

◎リース or 中古をローンで購入

が御社の財務内容の現状から言ってベストかと存じます。

前期の御社の財務状況なら、中古の買取りで節税効果を最重要視した購入方法をお勧めしていたと思います。

ただ今の御社に必要な財務戦略は不況を突破するために、

◎毎月の支出を最小にしながら、業績回復までの時間を稼ぐ

ことでございます。

その点で見れば、システム160万円(80万×2台)もリースを組むことを第一に考え、
万一審査に通らなければ買取りをご検討下さい。

ただ車両の場合、ローンを組んで分割払いをする場合は、
リースほど審査は厳しくありませんので、この方向で検討して頂ければと存じます。

また車両の場合、新車か中古かという選択もあります。

社員の立場からすれば、当然新車の方がいいという意見が出ると思います。

ただこの点は下記の点から社内で十分検証してみて頂きたいと思います。

★顧客の視点からみて、新車でないと絶対にいけないものなのか、
古いよりは新しい方がよいというレベルのものではないか?

今回の車両を単なる配送用に使われるなら、機能面・安全面で支障がない程度の中古で十分でしょう。

ただ新規開拓の営業用として使用するものであれば、
会社のイメージ戦略上、新車の方がよいという考え方もあるかもしれません。

いずれにせよ、私は個人的に中古で十分だと思いますが、社内でよくご検討頂ければと存じます。

★コストダウン = トップダウン

です。

業績回復を目指すプロセスにおいては、コスト面の意思決定は、
現場の意見よりも、××社長のご決断が命でございます。

経営者は孤独とよく言われますが、ここは社長のダイナミックなご決断が必要です。
つきましては、運転資金のスリム化を図って頂き、
長期の経営ビジョンの道筋を作って頂きたいと切に願っております。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

神戸市/東京都で会計事務所をお探しなら税理士 岩佐孝彦が経営する神戸の税理士法人トップ財務プロジェクトへ!
節税対策/事業承継/経営サポート

トップページへ

岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書1
  • 岩佐孝彦 著書2
  • 岩佐孝彦 著書3
  • 岩佐孝彦 著書4
  • 岩佐孝彦 著書5
メディア掲載実績

大阪 税理士
大阪市の会計事務所
税理士法人
トップ財務プロジェクト

 
大阪市・東京都の会計事務所/税理士法人トップ財務プロジェクト 大阪 税理士/岩佐孝彦
(C)税理士法人トップ財務プロジェクト