事業承継のことは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(神戸市/東京都)

税理士法人トップ財務プロジェクト
  • リンク
  • サイトマップ
  • 特定個人情報保護方針
相続大増税の悪影響は中小企業経営者が一番受けるのか?
トップページ > 事業承継サポート > 相続大増税の悪影響は中小企業経営者が一番受けるのか?

オーナー社長にとって事業承継のブラックボックスは「自社株」です。
換金性がないにもかかわらず、経営権のシンボルとなる財産として、相続税・贈与税の対象となるからです。
つまり、自社株が"紙爆弾"となって後継者に多額の税金問題として降りかかってくるのです。

下の図を見て下さい。オーナー社長の相続財産の内訳を示したデータです。
オーナー社長の相続財産は、土地に次いで自社株のウエイトが高いことがわかります。
【オーナー社長の相続財産は、土地に次いで自社株のウエイトが高い!】
オーナー社長の想像財産の内訳
中小オーナー企業の場合、工場や店舗、銀行融資の担保になっている 自宅などの「不動産」に加え、「自社株」が相続財産の中に占める割合が高いことが、後継者にとって大きなリスクとなっている。
↓
換金性がないにもかかわらず、事業継続のために絶対引き継がねばならない「自社株」の対策なくして、事業承継は語れない!
↓
平成27年度より相続大増税が予定されています。
この影響を大きく受けるのが中小企業の経営者です。
対策をお急ぎ下さい。

事業承継のことは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(神戸市/東京都)


事業承継のことは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(神戸市/東京都)

トップページへ

岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書1
  • 岩佐孝彦 著書2
  • 岩佐孝彦 著書3
  • 岩佐孝彦 著書4
  • 岩佐孝彦 著書5
メディア掲載実績

大阪 税理士
大阪市の会計事務所
税理士法人
トップ財務プロジェクト

 
大阪市・東京都の会計事務所/税理士法人トップ財務プロジェクト 大阪 税理士/岩佐孝彦
(C)税理士法人トップ財務プロジェクト