事業承継のことは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(神戸市/東京都)

税理士法人トップ財務プロジェクト
  • リンク
  • サイトマップ
  • 特定個人情報保護方針
事業承継サポート 〜事業承継/同族の後継者がいて事業承継をしたい方へ〜
トップページ > 事業承継サポート > 事業承継/後継者はいないが、キレイに会社をたたみたい方へ
「2012年問題」にあなたは直面しようとしていませんか?

事業承継のことは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(神戸市/東京都)


「今まで必死に頑張ってきた。でも、最後の最後で誰かに引き継げなかったら、借金だけが残ってしまう。そうなると、やめるにやめられない… 前にも自殺した社長の話も聞いたことがあるな。一体どうすればいいんだろう?」

あなたはこんなことで悩んでいませんか?
ここ数年間の統計でいえば、後継者がいないために廃業した会社が年間約7万社もあります。

「2012年問題」をあなたは知っていますか? 

子供が最もたくさん産まれたのは昭和22年、西暦で1947年。太平洋戦争が終わったのが1945年なので、その2年後に団塊の世代が始まり、そこから5年間で人口が大幅に増えました。そして2012年に、その頃産まれた最初の人たちが65歳に差し掛かる。65歳になれば、体力的にも、精神的にもそろそろリタイアを考える年齢です。
しかし、ふっとそう思った時に後継者がいない… こうした現象を「2012年問題」というのです。

このような背景から、今後も後継者不在に悩む中小企業は急増していくでしょう。

後継者不在の会社が目指すべきことは、誰にも迷惑をかけず、キレイに会社をたたむことです。

銀行や債権者に一切の迷惑をかけず、そして自分は最後に退職金を大きくもらって、静かに会社を閉じる。
これが理想ではないでしょうか。

私どもでは、こうした会社の資産・負債内容を全て時価評価したうえで、会社をキレイにたたむには、あといくら不足しているのかをまず明確にします。

そのうえで不足額を経営者保険などを活用しながら、計画的に積み立てていき、満を持して事業をスムーズにやめられるようサポートしております。
林住期を楽しむ意義

事業承継のことは税理士 岩佐孝彦が経営する神戸市の税理士法人トップ財務プロジェクトへ(神戸市/東京都)

トップページへ

岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書
  • 岩佐孝彦 著書1
  • 岩佐孝彦 著書2
  • 岩佐孝彦 著書3
  • 岩佐孝彦 著書4
  • 岩佐孝彦 著書5
メディア掲載実績

大阪 税理士
大阪市の会計事務所
税理士法人
トップ財務プロジェクト

 
大阪市・東京都の会計事務所/税理士法人トップ財務プロジェクト 大阪 税理士/岩佐孝彦
(C)税理士法人トップ財務プロジェクト